【紙芝居版】でんでんむしのかなしみ

画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻すことができます。

[ストーリー]

 新美南吉が、この「でんでんむしのかなしみ」を書いたのは1935年の5月です。新美南吉の年表を見てみると、次のようなことが分かります。少し前の1931年、新美南吉は東京外国語大学に入学後、鈴木三重吉の「赤い鳥」などに物語などを投稿していました。しかし、1933年に鈴木三重吉と北原白秋がささいなことから衝突してしまい、北原白秋の門下にあった南吉も「赤い鳥」への投稿を取りやめざるをえなくなってしまいます。

 実は、赤い鳥のほかにも「チチノキ」という同人誌にも投稿はしていましたが休刊状態であり、書いた物を発表する場所がない、という状態でした。さらに、1934年には喀血をし、症状は軽かったものの、結核の症状が出てきます。

 こうした状況で、新美南吉の文学上の先輩である巽聖歌は、童話の執筆を依頼します。残念ながらこの話は出版には至りませんでしたが、1935年の5月には50編もの作品を書き上げたと言われています。よほど、書きたい気持ちが強かったのでしょう。そして、その中の一つに「でんでんむしのかなしみ」があります。

「でんでんむしのかなしみ」は、1950年に羽田書店から出版された「ろばの びっこ」という童話集に収められています。でも、それは、新美南吉の死後のことでした。新美南吉が、何を思ってこの物語を書いたのは分かりません。やさしい文章ながら、深い悲しみを書ききっているのは、さすがだと思います。

こちらはA4サイズの紙芝居となります。画面でサイズなどをご確認ください。枚数は11枚となります。また、保育園・幼稚園向けにA3版も販売しています。

紙芝居版はamazonと、弊社Webサイトで販売しています。

タイトル 【紙芝居版】でんでんむしのかなしみ
文:新美南吉、絵:熱田ゆうこ
出版社 ピクティオ
発売日 2015年05月
判型 A4版紙芝居
価格 3200円+税
対象年齢 6歳から
ページ数 11枚
販売URL amazon