【紙芝居版】ごんぎつね(作:新美南吉,絵:メイヴ)

画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻すことができます。

[ストーリー]

 誰しも一度は読んだことがあり、また今でも教科書に載っている新美南吉の「ごんぎつね」です。ごんぎつねが刊行されたのは、1932年。新美南吉が亡くなってからのことでした。この作品が書かれたのは、新美南吉が17歳の頃です。地方に伝わる昔話が元になっており、南吉の故郷である、愛知県の知多半島をモデルに書かれているといわれます。

 こちらはA5サイズの紙芝居となります。画面でサイズなどをご確認ください。枚数は16枚となります。また、保育園・幼稚園向けにA3版も販売しています。

紙芝居版はamazonと、弊社Webサイトで販売しています。

タイトル ごんぎつね
文:新美南吉、絵:メイヴ
出版社 ピクティオ
発売日 2015年04月
判型 A5版
価格 2100円+税
対象年齢 5歳から
ページ数 16枚
販売URL amazon