電子書籍版「でんでんむしのかなしみ(作:新美 南吉)」

 

画面一杯で物語を読むこともできます。画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻ります。

[ストーリー]

新美南吉の作品です。原題は、「デンデンムシノ カナシミ」です。文章を平仮名として読みやすくし、小さいお子さんでも分かりやすいようにしました。実際に読んでみると、子どもだけでなく、大人が、はっとすることもあるお話しです。

でんでん虫は、ある日、自分の背中の殻に、かなしみが一杯つまっていることに気付きます。でんでん虫は友達を訪ね、もう生きていけないのではないか、と自分の背負っている不幸を話します。友達のでんでん虫は、それはあなただけではない、私の背中の殻にも、かなしみは一杯つまっている、と答えます。

新美南吉が、どうしてこの物語を書いたのかは分かりません。生きている限り、避けることの出来ない多くの悲しみがあるのだ、という思いを持っていたのかもしれません。そして、この話のでんでん虫のように、悲しみは誰もが皆負っているのだということを、子供達に知ってほしいという思いがあったのかもしれません。

この作品は、絵の具メーカーの「企業組合まっち絵具製造」の創業者である小出宗治氏が編集されたものです。公開に至った背景については、こちらをご覧ください。→http://www.pictio.co.jp/museum/work/4247

タイトル でんでんむしのかなしみ(デンデンムシノ カナシミ)
作者 文=新美南吉,絵=竹内隆夫,編集=小出宗治
出版社 ピクティオ
ページ数 5ページ
対象年齢 読んであげるなら:4歳から。自分で読むなら:5歳から
download