日本の昔話「したきりすずめ(舌きり雀)」【PDFの絵本】

画面一杯で物語を読むこともできます。画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻ります。

 日本の昔話の一つ「したきりすずめ」です。このお話しも、古くから伝わっているもので、13世紀に成立した「宇治拾遺物語」に原作を見ることができます。しかし、広く知られている物語とは、だいぶ異なっています。

 したきりすずめでは、おばあさんが雀を殺してしまい、おじいさんが黄泉の国に探しに行くという話しや、逃げていった雀を探すお爺さんに馬や牛の小便などを飲ませて、試練を与える話や、また最後におばあさんが食べられてしまう話など、いろいろなストーリーが残されています。時代背景や伝わった場所などによって、内容が変わっているのですね。今回は、 江戸時代の赤本を底本として、広く伝わっているストーリーを軸に再構成しました。

 こちらの絵本は、iBookやKoboなどの電子書店のWebサイトでお買い求めいただけます。

 また、Pictioでは、幼稚園や保育園などで大きな用紙にプリンターで印刷したり、プロジェクターを使って大画面で楽しむことができるPDF版をご用意しています。こちらは、Pictioからの直接販売となります。下のリンクからお問い合わせください。

タイトル したきりすずめ
作者 再話:斉藤 浩太郎,Pictio編集部,絵:熱田ゆうこ
出版 Pictio
対象年齢 読んであげる:4歳から
ページ数 15ページ

この絵本は以下の電子書店から購入できます。

印刷して読んだり、プロジェクターを使った読み聞かせができるPDF版の購入については、こちらからお問い合わせください→Pictio「したきりすずめ」

Pictioのどの絵本でも何回でもダウンロードして印刷したり、読むことができる定額制の「PictioPremium」でも提供しています。→Pictio Puremium