日本の昔話「桃太郎(ももたろう)」【PDFの絵本】

画面一杯で物語を読むこともできます。画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻ります。

日本の昔話の中で、親がお子さんに、もっとも読んであげたいお話が桃太郎だそうです。確かに、桃から生まれるという意外性に加え、勇気があって誰にでも優しいことなど、日本人にとって理想像の一人なのかもしれません。桃太郎は地方によって、ストーリーはいろいろと異なっています。ものぐさな桃太郎であったり、あるいはわがままな桃太郎だったり、中には文章だけでは、とてもけちな桃太郎に見えるお話もあります。今回の桃太郎では、一般的な桃太郎を元に、口調を現代風にして読みやすく編集しました。お子さんとご一緒に楽しんでください。

タイトル 桃太郎(ももたろう)
作者 再話:斉藤 浩太郎,Pictio編集部
出版 Pictio
対象年齢 読んであげる:4歳から
ページ数 12ページ

この絵本は以下の電子書店から購入できます。

印刷して読んだり、プロジェクターを使った読み聞かせができるPDF版の購入については、こちらからお問い合わせください→Pictio「ももたろう

Pictioのどの絵本でも何回でもダウンロードして印刷したり、読むことができる定額制の「PictioPremium」でも提供しています。→Pictio Puremium