酒井駒子

[見つけた新刊絵本]しろうさぎとりんごの木(作:石井睦美,絵:酒井駒子,出版社:文溪堂)

文=Pictio編集部

[新刊絵本 しろうさぎとりんごの木]-- 今回、紹介するのは、大好きなお父さんとお母さんに、愛情をたっぷり注がれてすくすく育っている、しろうさぎの女の子の、小さな幸せを描いた絵本「しろうさぎとりんごの木」です。絵は酒井駒子さん、文は石井睦美さんです。

しろうさぎとりんごの木 しろうさぎの子は、森の中の小さな家で生まれました。まだ小さなしろうさぎにとっては、見るもの触れるもののすべてが、珍しく新鮮です。しろうさぎには、知らないことがたくさんありました。

 しろうさぎが住む小さな家の玄関の脇には、一本のりんごの木が立っていました。大きな木ではありませんでしたが、秋になると、いい匂いのする真っ赤な実がなりました。うさぎの一家が食べるくらいには、十分なくらいの。

 ある日の朝、しろうさぎの子は、ジャムを塗ったパンを生まれて初めて食べました。ジャムは、お母さんうさぎが、りんごの実をお砂糖で煮て作ったのです。「おいしい! これはなあに、お母さん?」。お母さんが作ったジャムに感動し、りんごの実から作ったことを聞いたしろうさぎの子は、お母さんに内緒でリンゴをかじりに行くことにしました…。

 何か大きな事件が起きるわけではありませんが、それでいて、巧みな起承転結によって物語が構成されています。日常の小さなできごと、幼い子どもの細やかな心情、お母さんとの会話、家の中にあるものたちや、それにまつわるエピソードなどが、ていねいに言葉を選んで描かれます。本当に、一つ一つの言葉が選び抜かれて紡がれています。

 文章を受ける絵は、ザラッとした質感が特徴で、タッチの「かすれ」や「にじみ」までをも絶妙にコントロールされている印象を受けます。先に黒い下地を塗った上に、アクリルガッシュで色を入れていき(筆以外に、ペインティングナイフなども使われているのかな)、最後に輪郭などの線を描く技法のようです。

 彩度の低い、無彩色に近い中間色も多用され、その中に、りんごの木の葉の緑や、実の赤、うさぎたちが着ている服などの鮮やかな色調、そして、うさぎの子の白く愛らしい小さな姿が浮かび上がってきます。

 画面の中の陰影や奥行きの表現が見事で、全体に品の良さが感じられ、いい意味でヨーロッパ辺りの絵本のような趣きがあります。文字のページに添えられた、モノトーンの小さなイラストは、メインのストーリーを補完しながら、いいアクセントになっています。装丁にもよく気が配られ、絵本としての完成度を高めています。

 作者の石井睦美さんは、酒井駒子さんの絵が大好きで、以前から「いつか一緒に絵本を作りたい」と思っていたそうです。石井さんが愛情を込めて、さりげないうさぎの子の日常を描き、そこに酒井駒子さんが情感たっぷりに絵をつけた、読み終わった後に、豊かな余韻に浸れる一冊だと思います。

タイトル しろうさぎとりんごの木
作者 文:石井睦美,絵:酒井駒子
出版社 文溪堂
URL http://www.bunkei.co.jp/books/details.php?9784799900130
出版日 2013年10月
価格 本体1500円+税
判型/ページ数 A4判変型(263×212mm)/32ページ
対象年齢 小学校低学年から

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 見つけた新刊絵本

[絵本]こりゃ まて まて(文:中脇初枝,絵:酒井駒子,出版社:福音館書店)

 絵本のパティオ 福音館が出している子ども向けの刊行物「こどものとも 0.1.2」から登場した絵本です。文章と絵がほんとうに素晴らしい。お子さんを持つ人だけでなく、お子さんを持たない人に見せても、あまりのできばえに驚く人が多いですね。初版が2002年なのでまだ10年も経っていませんが、買って手元に置いておく価値がある1冊だと思います。今ならまだ735円だし(2011年6月時点)。

こりゃ まてまて この絵本は1歳くらいから読んであげられるかな。文章は繰り返しが使われていますが、単純ではありません。考え抜かれた文章ですね、これは。また最後のページにある文章が、開放感いっぱいの絵に非常にマッチして、なんとも気持ちの良い読後感に溢れます。是非、ご一読を。

文章を書かれた中脇初枝さんは、昔話の再話などもされていますが、小説家が本業だと思っていました。でも、子ども向けの本もいろいろ書かれているんですね。この「こりゃ まて まて」も文章は短いけれど、子どものこころを本当によく映し出していると思います。いや、文章だけでもすごいな。

絵は酒井駒子さんで、「よるくま」とはまた違った印象の絵です。大人に人気のある画集などは、こちらのテイストが多いですが、子ども向けの本でもこういった仕事をされているんですね。

「こどものとも 0.1.2」にはあまりない、スタンプを使って文字が描かれています。手が込んでるなぁ。編集者の仕事でしょうか。それとも酒井さんの仕事になるのかな。いずれにせよ、本当に細かいところまで考え抜かれ、かつ丁寧に作られた絵本だと思います。

日本語版だけでなく、韓国、ドイツ、フランス、オランダなどでも出版されています。フランスは日本の絵本がよく読まれていますね。はじめてのおつかいのフランス語版見たときには、へーと思いました。いい絵本は、絵も文章もどの国のお子さんにも分かってもらえるということなんでしょう。

タイトル こりゃまてまて
作者 文:中脇初枝,絵:酒井駒子
出版社 福音館書店
価格 735円
対象年齢 0歳~
サイズ 縦19.8x横18.8x厚さ1.2cm

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本