おすすめ

[こころに残る絵本]100万回生きたねこ(作・絵:佐野洋子,出版社:講談社)

文=Pictio編集部

心に残る絵本 表紙からして、とても挑戦的な絵本です。表紙に書かれた猫の圧倒的な存在感は、文章を読みすすむにつれて増していくほどです。今回は、作者の個性が溢れだしているような絵本「100万回生きたねこ」をご紹介します。

100万回生きたねこ   あるところに、100万年も死なない猫がいました。死んでは生き返り、生きてはまた死にと、100万回も輪廻転生をくり返してきたのです。

 あるときには、猫は一国の王様に飼われました。またあるときには、船乗りに飼われました。サーカスの手品使い、どろぼう、一人ぼっちのおばあさん、小さな女の子……と、100万人の人がその猫をかわいがり、猫が死んだときには泣きました。

 しかし猫は、飼い主たちのことが嫌いでしたし、死ぬのもこわくありませんでしたし、そして一回も泣きませんでした。

 あるとき、猫はだれにも飼われない、野良猫になっていました。りっぱな野良猫でしたので、メス猫たちはみんな、猫のお嫁さんになりたがりましたが、自分のことが大好きな猫は、メス猫たちの相手をしませんでした。しかし、一匹だけ、猫に見向きもしない、白く美しいメス猫がいました。そして・・・・・・。

 「名作」と謳われたり、「大人にも支持されている」と評価されることの多い作品だと思います。ストーリー自体はシンプルですが、「生」と「死」、そして「愛」をテーマにしていると言ってよいでしょう。そんなことから、読む人によってさまざまな解釈が可能ですし、作者の意図やメッセージなどを、いわゆる「深読み」することもできます。

 実際に、多くの人がそういった論評を試みているようですし、ここでも「これはこういう作品で、だから名作なのだ」と述べることもできますが、それは他の方々、あるいはこれからこの作品を読む人たちに譲るとして、以下の一点だけを述べておきたいと思います。

 それは、「この作品が名作だとすれば、その理由は、読む人によってさまざまな解釈が可能だという、そのこと自体にもある」ということです。これは、テーマが曖昧でぼやけているということではありません。

 文章は易しいので、小さい子どもは子どもなりに読んで、感じるところがあるでしょうし、大人には大人なりの読み方、受け取り方ができます。「正しい」読み方などないと思いますし、逆にどれもが「正しい」読み方だと言えるのではないかと思います。作者の意図は当然あるでしょうが、その通りに読む必要はまったくないということです。

 絵本には、定まった評価を持つ「名作」もありますが、この作品は、普遍的でありながら、読む人によってそれぞれ違った訴えかけるものがある、そんな「名作」なのではないかと思います。

 そして、悲しい結末であるにもかかわらず、同時に、読んだ人が前向きな意味で「よかった」と思える作品なのではないでしょうか。

絵は、水彩の筆使いを生かした猫の毛並みの表現と、場面によって余白を広く取った画面構成が印象的です。

タイトル 100万回生きたねこ
作・絵:佐野洋子
出版社 講談社
出版日 1977年10月
価格 1400円+税
対象 特に記載はなく、漢字、ルビの使い方から、小学校低学年から
URL http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1272748

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

[見つけた新刊絵本]盆栽えほん(作:大野八生,出版社:あすなろ書房)

文=Pictio編集部

見つけた新刊絵本「盆栽えほん」-- なんと「盆栽」を題材にしたユニークな絵本です。読んであげる大人のほうが飽きません。盆栽の図鑑的な要素も含んでいて、盆栽の基礎知識に始まり、盆栽に使う植物や仕立てる形の種類、実際に作るときのやり方、さらには道具・土・肥料についての解説、作った後の楽しみ方や手入れの方法などが、詳しく、かつ、わかりやすく書かれています。

image 冒頭に思わず「なんと」と書いてしまったように、盆栽というと、どうしても中高年の人が楽しむ趣味というイメージがあり、作るのも手入れをするのも難しいのでは、と思っていましたが、この本を読んでみたら、そんな先入観はどこかに吹き飛んでしまいました。

 出版社のサイトには、読者対象は小学校高学年とあります。でも、よくよく、考えてみれば盆栽は、理科(科学・生物)の要素と、図工(美術・工芸)の要素とが融合されており、特に扱いが難しい電動工具や薬品などを使うわけでもないので、小学生にも十分楽しめそうです。本書にも「盆栽は、植物を材料にして絵を描くようなもの」と書かれています。なるほど。

 「盆栽」のイメージにとらわれすぎず、アサガオやヘチマを育てたことがあるなら、その発展形と考えてもいいですし、どんぐり工作や、木の葉や実を使ったクリスマスリース、あるいはジオラマ模型などの応用と捉えることもできそうです。いずれにせよこの絵本で、盆栽が、ぐっと身近に感じられるのは間違いありません。

 実際、この本も、生物観察や工作をテーマにした児童書のような、読みやすいスタイルで構成されています。植物に興味があるお子さんであれば、親しみながら楽しく読み進めることができるでしょうし、実際に盆栽を作ってみたくなるのではないかと思います。

 とはいえ、すでに盆栽に親しんでいる人は、大人でもそう多くはないと思われますので、もう少し内容に触れておきましょう。盆栽の種類には、木を楽しむもののほかに、花や実、草を楽しむものもあります。ただ眺めて楽しむだけでなく、小さな鉢の中に四季の移ろいを感じたり、花の香りを嗅いだり、実がなればそれをとったりと、いろいろな楽しみ方があるんですね。

 ここでは、伝統的な日本の盆栽も紹介されてはいますが、それだけにこだわらず、紅葉がきれいだった秋の公園や、春の桜並木をイメージして作ったり、秋の写真集や画集をヒントにしたりと、自由に発想していいことがわかります。ミニチュアのベンチや自転車を置くアイデアなどは新鮮に感じられ、また盆栽作りへのハードルを低くしていると思いました。近年、海外でも「Bonsai」の人気が高まっているというのも頷けます。

 作者の大野八生さんは、元々は植物に携わる仕事を経て、庭を造る仕事に携わってきた人で、造園会社を退社後フリーとなり、現在はイラストレーターと造園家として活動しています。絵は、ペンと水彩を主体としたポップなタッチです。主人公に盆栽を教えてくれるおじいちゃんの、ファッションや髪と髭のカットがおしゃれなのもなかなかユニークで面白いですね。

 絵本といってもこのような内容ですから、索引が充実しています。大人にも、楽しく読めて実用的な絵本でした。対象年齢は、小学校の高学年からになります。

タイトル 盆栽えほん
作者 作:大野八生
出版社 あすなろ書房
URL http://asunaro.bookmall.co.jp/search/info.php?isbn=9784751527054
出版日 2013年10月
価格 本体1300円+税
ページ数 A4判変型(20.6×21.6cm)/48ページ
対象年齢 小学校高学年から

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 見つけた新刊絵本

[こころに残る絵本]ふしぎなたけのこ(作:松野正子,絵:瀬川康男,出版社:福音館書店)

文=牧村 あきこ

こころに残る絵本[ふしぎなたけのこ]- むかし むかし、ある山深い場所に、小さな村がありました。あまりにも山奥のため、村人たちは村から出ることもなくひっそりと暮らしていたのです。そんな村人たちの特別な日のごちそうは、「たけのこ」でした。

 今回、紹介する絵本「ふしぎなたけのこ」は、そんな村で暮らす一人の少年が、自分の誕生日を祝うたけのこを採りに、裏のたけやぶに向かうところから物語は始まります。

ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本) 昔ながらの日本をモチーフにした絵本は、比較的序盤はゆっくりと進み、後半に急展開するといった序破急タイプのお話が多いように思いますが、「ふしぎなたけのこ」では、ゆっくりとした導入部は、たったの2ページしかありません。

 3ページ目からは驚くほどのテンポで話が進み、私たちを物語の中に、あっという間に引き込んでいきます。

 たけのこが力強く、信じられない速度でぐんぐんと伸びていき、周囲の大人たちがあわてふためく様子が、リズミカルな文章で語られます。

 その文章に呼応するように、伸び続けるたけのこは絵本の中を縦横無尽、いまにも絵本から飛び出してくるのではないか、と思うほどの勢いで、ぐんぐん、ぐんぐん伸びていきます。このあたりの絵と文章の一体感は本当に見事なもので、読んでいるほうも止まりません。

 先端に少年を乗せたまま、雲を突き抜け、天まで届こうかと伸び続けるたけのこですが、ある瞬間ぴたりと伸びるのをやめてしまいます。このとき、なぜたけのこが伸びるのをやめたのか、その理由が語られているのですが、たった2行の短い文章ながら、実に奥深いたけのこの気持ちが胸に響いてきます。

 作者の松野正子さんは、「こぎつねポンとこだぬきコン」「こぎつねキッコ」シリーズ(いずれも童心社)などでも知られていますが、この「ふしぎなたけのこ」は代表作のひとつと言われています。

 文章量も多い絵本なのですが、それでも読みたくなるような求心力のある語り口がさすがです。

 そして瀬川康男さんの絵が、松野さんの文章にぴたりとマッチし、並々ならぬエネルギーを発する絵本の仕上がりになっています。最近では、松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズ(童心社)の表紙に描かれているかわいらしい動物の絵で、ご存じの方も多いのではないかと思いますが、この絵本は、いかにも素敵な日本昔話風の画風です。

 ふしぎなたけのこの表紙の背景は、濃い藍色です。たろ少年の赤白の市松模様の衣類が、美しく際立つコントラストの妙もあるのですが、絵本を読み始める前は雲の上空にある夜空に思えるのに、読み終わった後は、人々に恵みをもたらす別のものにも見えてくるのが不思議です。

 たけのこの伸びがとまり、たけのこの足元にいる大人たちが、どうにかして少年を助けようと、たけのこを切り倒すべく奮闘します。助けようとする気持ちが、とてもよく伝わってきます。こういう損得を考えずに動くことで、その結果、報われるかも、というところは、とても日本らしいお話しかもしれません。

 大人もこどもも、どきどきしながら楽しみ、最後に心の中にほんのりとした気持ちが残る、ちょっぴり幸せな気分を味わっていただけることでしょう。

 この絵本は、1966年に出版されています。時代なのか、中は、カラーのページと白黒のページが交互になっています。もう、47年もいろんな人に読まれ愛されてきた絵本なのですね。

タイトル ふしぎなたけのこ
作者 作:松野正子,絵:瀬川康男
出版社 福音館書店
URL http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=318
出版日 1966年9月
価格 本体800円+税
ページ数 28ページ
対象年齢 読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年から

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本