親子で楽しむクラシック(第22回)-オッフェンバック「天国と地獄」序曲

文=飯尾洋一(音楽評論家)

親子で楽しむクラシック(第22回)-オッフェンバック「天国と地獄」序曲  オッフェンバックの名前を知らない人でも、この曲の有名なメロディはだれもがご存知でしょう。「天国と地獄」序曲の終盤に登場する軽快なギャロップ(テンポの速い楽曲)は、「カンカン」のニックネームでも知られています。

 日本では運動会で流れる定番曲としても知られていますね。文明堂のカステラのCMで使われるあの曲(カステラ1番、電話は2番……)といえば、おわかりいただけるでしょうか。

 作曲者のオッフェンバックは1819年の生まれ。陽気でユーモアにあふれた音楽によってオペレッタ(軽い内容のオペラ)の分野で活躍し、時代を代表するヒットメーカーとして人気を呼びました。特にこのオペレッタ「天国と地獄」(原題は「地獄のオルフェ」)はパリで大評判となり、作曲者を、時代の寵児に押し上げました。

 では「天国と地獄」とは、どんなオペレッタなのでしょうか。実はこの作品はシャレの利いたパロディ作品です。元ネタとなっているのは、ギリシャ神話のオルフェオの物語。妻エウリディーチェの死を悲しむ夫オルフェオが黄泉の国へ、妻をとりもどしに行くというのが本来のストーリーです。

 しかしオッフェンバックの作品では、オルフェオとエウリディーチェの間柄は最初から冷え切っています。夫も妻も浮気中。オルフェオはエウリディーチェがあの世へ旅立ち小躍りするも、世論から非難されて、世間体のためにしぶしぶ妻をとりもどしにいく……といった毒気のあるストーリーになっています。

 この曲をさらにパロディに仕立てたのはサン=サーンス。組曲「動物の謝肉祭」のなかの一曲「亀」では、「天国と地獄」のギャロップが超スローテンポで演奏されます。あんなに景気の良い活発な曲を使って、のんびりとした「亀」を表現しようというのがサン=サーンス流のウィット。パロディのパロディなんですね。

 身も蓋もない大人の本音が描かれた「天国と地獄」。この曲が子供たちの運動会で使われているというのも、なかなか味わい深い光景ではないでしょうか。

タイトル 「オッフェンバック/序曲集」image
演奏 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
URL http://www.amaazon.co.jp/dp/B00ATRPGCG

カテゴリー: 親子で楽しむクラシック タグ: , , , パーマリンク