新美南吉「ごんぎつね」

画面一杯で物語を読むこともできます。画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻ります。

 


2012110801

[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090011.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090012.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090013.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090014.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090015.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090016.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090017.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090018.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090019.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090020.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090021.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090022.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090023.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090024.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090025.jpg]
[img src=http://www.pictio.co.jp/wp-content/flagallery/2012110801/thumbs/thumbs_201211090026.jpg]

[ストーリー]

 誰しも一度は読んだことがある、新美南吉の「ごんぎつね」です。ごんぎつねが刊行されたのは、1932年。新美南吉が亡くなってからのことでした。この作品が書かれたのは、新美南吉が17歳の頃。地方に伝わる昔話が元になっており、南吉の故郷である、愛知県の知多半島をモデルに書かれているといわれます。

 この作品は、絵の具メーカーの「企業組合まっち絵具製造」の創業者である小出宗治氏が編集されたものです。公開に至った背景については、こちらをご覧ください。→http://www.pictio.co.jp/museum/work/4247

タイトル ごんぎつね(ごん狐)
作者 文=新美南吉,絵=竹内隆夫,編集=小出宗治
出版社 ピクティオ
ページ数 17ページ
対象年齢 読んであげるなら:4歳から。自分で読むなら:5歳から