信義山国宝縁起絵巻より「そらをとんだこめだわら」

画面一杯で物語を読むこともできます。画面を大きくするには、右下にある「FS」ボタンを押してください。「ESC」キーで元の画面サイズに戻ります。

[ストーリー]

 日本の昔話は各地に伝わるものだけではなく、原典が存在するものもあります。今回紹介する国宝の信義山縁起絵巻もその一つ。3巻からなっており、それぞれ物語が書かれています。その中の一つ「山崎長者」と呼ばれている物語を分かりやすく改作し、タイトルも「そらをとんだこめだわら」としました。4歳以上のお子さんであれば、理解できると思います。

 この作品は、絵の具メーカーの「企業組合まっち絵具製造」の創業者である小出宗治氏が編集されたものです。公開に至った背景については、こちらをご覧ください

タイトル そらをとんだこめだわら(信義山国宝縁起絵巻「山崎長者」より)
作者 絵=竹内隆夫,編集=小出宗治,Pictio編集部
出版社 ピクティオ
ページ数 13ページ
対象年齢 読んであげるなら:4歳から