[電子書籍]第3回 電子書籍の絵本は、こんな体制で作ってます

文=マキセ ヒロシ(イラストレーター)

[絵本の仕事] 前回は、電子書籍の絵本を作る過程で、いろいろな人たちに出会い、徐々に輪が広がってきたという話でした。今回は、じゃあ、どんな体制で、どうやって電子書籍を作っているのかを、書いてみることにします。

 私も紙で仕事をしてきた人間なので、基本は紙の作り方がベースです。そこに電子書籍の作り方が加わっています。まず、私がおおまかなストーリーの流れを考えます。それを、編集を担当するホンマさんと、メールやSNSで話し合います。ホンマさんはあるパーティで知り合った編集兼ライターで、ITやネットワークにも詳しく、電子書籍にも興味を持っていました。

 その話合いをもとに、完成に近い手描きラフを描きます。この段階で、余分なシーンや言葉はどんどん削り、イメージを膨らましたほうがいいところは新たに付け加えたりします。こういう場合、クールな編集者の視点というのは本当にありがたいです。 電子書籍を作る場合、すべて自分で作業できてしまうのですが、多くの人に読んでもらうためには、作者とは違う視点からアドバイスしてくれる人は必要だと思います。

 さて、それが終わったら私の作業。いよいよ、イラスト制作です。ラフをスキャナーで取り込み、トレースしながらイラストを描いていきます。Macの環境で、ソフトウエアはペインター、タブレットはワコムのものを使っています。

 絵を描くときの解像度は350dpi、サイズは724×1024で制作しています。これは、アマゾンのKindleをターゲットにしているからで、将来的にはもっと高い解像度で描く必要が出てくるでしょうね。

 次にイラストレーターというソフトで、出来上がったイラスト画像に文章を配置していきます。これは、少し前であれば、出版社の制作が行う仕事ですね。そしてPDFというフォーマットで書き出します。これが、初稿のような感じです。それをホンマさん、サイトウくんに文字の誤字脱字がないか、チェックをしてもらいます。

 文字の修正が終わってからは、電子書籍の工程。まず、PDFを1枚1枚のJEPGの画像に変換します。電子書籍には「.book」とか「XMDF」といった、いろいろなフォーマットがあります。今はEPUBが主流になりつつあり、アマゾンはEPUBをベースにしたmobiというオリジナルのフォーマットを使っています。ですので、それに合わせて絵本も、mobiで作成しています。

 電子書籍には、文字を主体にしたリフロー型と、写真や画像を主体にしたフィックス型という形式があります。リフロー型は、文字の大きさを自由に変えられたりします。しかし絵本では、絵と文章の位置がずれてしまってはまずいので、フィックス型で作っています。1枚1枚に絵と文章がある画像を作っている感じでしょうか。

 材料が揃ったら、画像を電子書籍というパッケージにする作業です。ここは、電子書籍やWEBの仕事をしている田嶋さんの力を借りています。(田嶋さんとは電子書籍に興味を持つ方々の集まりで知り合いました)。

 できあがったデータを送ると、数時間後にはmobiのデータとなって、つまりKindleで読める形になって手元に戻ってきます。それを確認し、日本版キンドルストアに出来上がったmobiデータをアップロード。販売する地域(日本のみ、または世界のキンドルストアを選ぶ事ができます)を決め、金額を決めたら作業は終わり。あとはこの電子書籍の絵本、電子絵本を販売するだけです。

 英語版などの翻訳ものの場合の事も記します。まず翻訳担当のサイトウくんが、完成した日本語データをもとに翻訳作業をします。その後、海外在住の仕事仲間に「この英語は自然ですか?」と問うネイティヴ・チェックをスカイプを使っておこないます。

 サイトウくんがこの電子書籍の作業で一番こだわっている箇所がここです。ストーリーを自然な形で伝えるために現地の人の監修はどうしても必要です。先日、東京ビッグサイトで開催された「海外マンガフェスタ」に出展した際、外人のお客さんに翻訳が自然だとほめられたのが嬉しそうでした。

 アリアリではなく、新しい絵本も作りました。タイトルは「ミュジーのアイデア買取り」。ミュジーというキャラクターは、ある雑誌の特集記事に描いたイラストから発展させました。鍵盤のような歯、音符のような足が特徴です。

 ストーリーはこんな感じ。日の目を見ないアイデアや、コンペでやぶれたアイデアを高価買入するミュジーのお店。ここを訪ねたカトーはミュジーの前でプレゼンテーションをします。良いアイデアならなんでもお金を払うミュジーは、新鮮なカトーのアイデアに喜びます。そして契約成立。カトーはお金をにぎって店を出る。さて、手に入れたアイデアをミュジーは何に使うのでしょうか…。

ミュジーのアイディア買取り ミュジーのアイディア買取り ミュジーのアイディア買取り

このように、以前の紙に比べて個人のアイディアを形にしようとした時、敷居がとても下がっている、ということを実感できます。以上、短い連載でしたが、電子書籍でこんな絵本をつくっている人たちがいると、伝われば嬉しいです。

前にお話したアリアリ・データタワーは、アマゾンで12月21日から、12月25日まで無料キャンペーン中です。もし、時間がありましたら、読んでみてください。

作品名 ミュジーのタイトル買取り
作者 作:マキセ ヒロシ、 編集:ホンマ オサム
出版 コーヒーサミット
価格 200円
URL http://www.amazon.co.jp/dp/B00G0A2ELC/
http://www.coffeesummit.net/
関連URL 田嶋淳さんの「電書魂」
http://densyodamasii.com/

カテゴリー: 絵本の仕事 タグ: , , , , , パーマリンク