絵本のWebサイト「Robert Sabuda(ロバート・サブダ)」-世界的に有名な飛び出す絵本

文=Pictio編集部

[絵本のWebサイト]  いろいろな絵本を見ていると、「この絵本は子供にはもったいないかも」「大人向けだよね」と思うとがあります。飛び出す絵本もそんな中の一つかもしれません。

 ページごとに立体的に絵が飛び出すように作られている「Pop-up books」、日本で言う「飛び出す絵本」は、とても精緻に作られており、お子さんに与えた保護者の方が、こわさないかとはらはらとしながら見ていることもあります。書店に置いてある見本誌もボロボロになっていることも多いですよね。よく置いてあるのは、この「不思議の国のアリス」です。

image image image

 一度でも見たことがある人は、ページをめくる度に本とは思えないほどダイナミックな仕掛けに驚かれたと思います。この本の作者は、Robert Sabuda氏。この不思議の国のアリス以外にも、恐竜を紹介した「太古の世界 恐竜時代」やお菓子のクッキーで数字を覚える「クッキーカウント」など多くの飛び出す絵本を作っています。普通の本よりも高いので、大人の方が自分用に買われているケースも多いようです。

 さて、このRobert Sabuda氏がどのように飛び出す絵本を作っているか、興味を持たれる方も多いでしょう。今回は、Robert Sabuda氏のWebサイトを紹介します。

Robert Sabuda
https://www.robertsabuda.com/

robert sabuda web site

 Robert Sabuda氏が作った本を購入できるほか、最新情報などがあります。中には、世界のポップアップ作家が作成した作品へのリンクなどもあります。

image 飛び出す本については、「質問:作るのに何が必要?」→「回答:紙と糊とはさみと鉛筆」とか、「質問:ポップアップの本を作成する費用は」→「回答:だいたい4分の1くらいかな」というような、初歩的な質問から、かなり突っ込んだ質問まで用意されています。よくある、QandAよりもよほど面白いですね。

 そして飛び出す絵本に興味をお持ちの方に、特にオススメしたいのが、「ポップアップを作るコーナー」です。なんと、ポップアップを手軽に作れるテンプレートが公開されています。その種類は何と40種類以上。カテゴリーは、「動物」「お祝い」「その他の面白いもの」などに分かれています。そして、制作のレベル別に、「Simple」「intermidiate」「Advanced」の3種類が用意されています。

image

 画面を開いたら、作りたいものを選び、その画像をクリックします。テンプレートのほか、作り方を写真で紹介したページが開きます。最初に作るときは、レベルがSimpleのものを強くおすすめします。

 さて、テンプレートはPDFで用意されているので、厚い紙で印刷します。コート紙などがおすすめです。あとは、画面に書かれている作成手順にしたがって、作っていきます。英語の文章となりますが、Simpleは写真を見ていれば、何とか作れます。

 Simpleをいくつか作ってみると、勘所がわかるようになります。すると、IntermidiateやAdvancedのレベルのものも、難しくはあるものの、写真をみるだけでも何とか作れます。作る場合、かなり丁寧に線に沿って切りましょう。そうしないと折れ曲がる場所で、きれいに折れ線が揃わなかったり、紙をひらいたときに、絵が上手く飛び出しません。Robert Sabuda氏は、作る作家を「Paper Creator」以外に「Paper Engineer」とも呼んでいますが、本当にその通りだと思います。

image

image

 そして、丁寧に作るとビックリするほど、きれいなポップアップカードができあがります。 このポップアップカードで、作るのに要した時間は20分ほどです。作ってよし、飾ってよし、あげてもよし、というところでしょうか。実は、いくつかSimpleのサンプルを作ったあとで、Advancedに分類されている蜘蛛にチャレンジしたのですが、こちらは難しすぎて、作成途中でリタイヤしました。

0001 001

 お子さんが小さい時、絵を描いてあげたり、絵本をつくってあげた保護者の方はいらっしゃると思います。その一方、絵は書くのはちょっとなぁという方も多いと思います、でも、この工作なら絵を描くよりも敷居が低いかもしれません。それなりに手数もかかるので、完成したときの喜びも味わえます。何よりも、お子さんが喜びます。

 是非、Robert Sabuda氏のWebサイトで、飛び出す本のダイナミックさと不思議さ、そして作る面白さを味わってみてください。Webサイトでは、2014年のクリスマス用のポップアップカードの発売も始まっています。こちらも見ているだけで、楽しくなること請け合いです。

 ある日本の出版社は、とあるマンガの飛び出す絵本を作るとき、日本では作れないとして、Robert Sabuda氏の絵本を作っている海外の会社に、制作を発注しています。機会があれば、是非、Robert Sabuda氏の飛び出す絵本を手に取ってみてください。

カテゴリー: 絵本のWebサイト タグ: , , , , , パーマリンク