News

[絵本関連のNews]「アンネの日記」が著作権の保護期間をめぐり論争に

文=Pictio編集部

[絵本関連のニュース] 昨年は、TPPに絡んで著作権の期間が問題になりました。現在、日本の著作権法においては、著作権の保護期間は作者の死後50年となっています。これがTPPにより延長され死後死後70年までとなります。現在、ヨーロッパや米国などは死後70年になっているので、それに合わせる形となります。50年から70年になると青空文庫などが影響を受けることになります。

 さて、この著作権の保護期間は、今までに日本でもいくつか問題が出てきています。中でも「私と小鳥と鈴と」や「大漁」などで知られる詩人の金子みすゞ(1903-1930)が書いた詩をめぐっても、著作権の保護期間や二次著作権といったあり方をめぐり問題が起きています。そのため、死後、50年を経過した今でも青空文庫では公開されていません。

 そして、2016年1月、ユダヤ系ドイツ人だったアンネ・フランクの著作権の保護期間をめぐって論争が起きています。問題となっているのは、「アンネ・フランクの日記」です。アンネ・フランクは1945年、強制収容所で亡くなりましたが、生前に書いていた日記は1947年に出版されました。日本では1952年に翻訳されています。

 アンネが亡くなったのは、1945年です。オランダを含むヨーロッパの著作権保護期間については、1993年に「欧州連合域内における著作権保護期間の調和に関する指令」において「著作者の没から70年」と定められています。そして、2015年はアンネ・フランクが亡くなって70年目にあたる年だったのです。そのため、2016年1月1日にいくつかのWebサイトでは、アンネの日記はパブリック・ドメインになったとして公開を開始しました。サイトによっては、通常のテキスト版のほか、epub版や、Word版なども公開しています。

image

 しかし、その一方でアンネ・フランク財団はWebサイトで、アムステルダム地方裁判所における2015年12月23日の判決では、公開されてから50年が経過するまで保護されるとし、アンネ・フランクの日記は、アンネだけでなく彼女の父のオットーも関わっており、オットーが亡くなったのは1980年であること、少なくとも2016年に著作権の保護期間が切れることはないと述べています。そして、1986年にオランダ戦争資料研究所から出版された「アンネ・フランクの日記」であれば、同作品の著作権の保護期間は2037年まであるとしています

image

 今回の著作権をめぐる論争は、どうやら法廷に持ち込まれそうで、どちらに軍配があがるかはまだわかりません。ただ、アンネ・フランクの日記はまだ利益を生んでいるコンテンツです。それゆえ、より大きな論争になっているのでしょう。

 以前、絵本の作者の方達と著作権の保護期間について話したことがあります。そのとき「タダでないと読みたくないような本なら、読まないでいいと思う。そこには、作品に対するリスペクトというものは感じられないから」と述べられていたのを思い出しました。

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews

[絵本関連のNews]2015年7月11日から、うらわ美術館で「ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本をめぐる世界の旅」が開催

文=Pictio編集部

【絵本関連のニュース】 2015年7月11日から8月30日まで、さいたま市にある、うらわ美術館は絵本の原画展「ブラティスラヴァ世界絵本原画展-絵本をめぐる世界の旅(以下、ブラティスラバ世界絵本原画展)」を開催します。これは、スロバキアの首都ブラティスラバで2年ごとに開催されている絵本の原画展覧会で、1967年から開催されているものです。

 うらわ美術館で開催されるのは今回が7回目。コンクールで受賞した作品は、すべてを展示される予定です。展示される作品数は約330点。また、既に出版された絵本の原画展なので、対応する絵本もすべて展示されるのが魅力です。原画と絵本を比較しながら見ることができます。絵本の点数は62タイトルになります。

 展覧会の構成は3部に別れており、第一部でグランプルなどの賞を受賞した作品を紹介。そして第二部で日本作家の作品を取り上げています。第三部では「絵本をめぐる小さな世界旅行」と題して、韓国やイラン、トルコ、イタリア、スペインなど世界15カ国の作家の作品を紹介しています。

It_s_Raining_Elephants(エヴェリーネ・ラオベ&ニーナ・ヴェーアレ)『大洪水』It’s Raining Elephants(エヴェリーネ・ラオベ&ニーナ・ヴェーアレ)『大洪水』
(c)Evelyne Laube, Nina Wehrle

imageイルマ・バスティダ=エレラ『読書_本への賛美と読書の喜びの称賛』
(c)Irma Bastida Herrera

imageマルジャーン・ヴァファーイヤーン『ビージャンとマニージェの結婚』
(c)Marjan Vafaeian

 ブラティスラバ世界絵本原画展は、既に出版された絵本を対象としていること。そして1つの国からの応募は15人までという条件があります。日本では日本国際児童図書評議会(JBBY)による選考があり、それに選ばれる必要があります。第一線で活躍している世界各国の作家の作品を見ることができる展示会、というわけです。

 いくつか、過去の日本人の受賞者と作品を見てみましょう。

1967年 瀬川康男『ふしぎなたけのこ』(福音館書店 1963)

1969年 田島征三『ちからたろう』(ポプラ社 1968)

1997年 梶山俊夫『わらべうた』(福音館 書店 1997)

絵本が好きな方であれば、読んだことがある絵本が入っているのではないでしょうか。

imageスズキコージ『わかがえりの水』
(c)スズキコージ

 また、特別企画として、グランプリを受賞した作品の制作過程を見ることができる企画や、グランプリ作家の受賞作以外の過去の作品も展示されます。

 開催期間中、関連するイベントとして、絵本の読み聞かせやギャラリートークなども行われます。詳しくは、うらわ美術館のWebサイトでご確認ください。

 この絵本原画展の招待券を抽選で20名の方にプレゼントします。ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。申し込み期限は6月30日、Webからの応募のみとさせていただきます。当選された方にはメールをお送りします。発送先の住所や氏名などの個人情報につきましては、今回のプレゼントのみに使用します。

プレゼント応募

イベント名 内容
創作コーナー 7月18日~30日
自由に工作をしたり、絵を描くことができる
図書館員とボランティアによる
絵本の読み聞かせ会
7月17日~8月28日
毎週火曜日、金曜日 13:30~14:00
ギャラリートーク 7月26日、8月9日、8月23日
14:00~
展示会名 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本をめぐる世界の旅
主催 うらわ美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
会期 2015年7月11日~2015年8月30日
場所 うらわ美術館
開館時間 月曜日~金曜日:10時~17時(入館は16時30分まで)
土曜日・日曜日:10時~20時(入館は19時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月20日は祝日のため開館、7月21日が休館)
入館料 一般:610円、高校・大学生:410円、小・中学生:無料
問い合わせ TEL:048-827-3215、FAX: 048-834-4327
URL http://www.uam.urawa.saitama.jp/
所在地 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2-5-1
浦和センチュリーシティ 3階

[googlemap lat=”35.86066015988775″ lng=”139.6524940431118″ align=”undefined” width=”80%” height=”360px” zoom=”9″ type=”G_NORMAL_MAP”]うらわ美術館[/googlemap]

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews

[絵本関連のNews]2015年7月4日から板橋区立美術館で「2015イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が開催

文=Pictio編集部

【絵本関連のニュース】 2015年7月4日から8月16日まで、東京都の板橋区立美術館は「2015ボローニャ国際絵本原画展」を開催します。この原画展は、イタリアのボローニャで開催されている絵本の原画コンクールに入選した作品を展示するもので、今回は入選した24カ国76作家の作品が全て展示されます。

 76作家の国籍を見てみると一番多いのはお膝元のイタリアで12人、その次が日本と大韓民国で10人づつが選ばれています。さらにフランスが7人、スペインと台湾が5人づつと続きます。アジアからかなり多くの人が選ばれていますね。

たけうち ちひろ(日本)「どこ?」 たけうち ちひろ(日本)「どこ?」

ヘンリエッテ・ブーレンダンス(オランダ)「ゼロって、とってもヘンな数」 ヘンリエッテ・ブーレンダンス(オランダ)「ゼロって、とってもヘンな数」

 この原画コンクールは、1964年にボローニャで始まった絵本・児童書の見本市「ボローニャ・ブックフェア」に伴うイベントとして1967年に始まりました。ボローニャ・ブックフェアには、出版社や作家、画家だけでなく、翻訳家や著作権のエージェント、図書館員など出版に関連する人々が世界中から参加し、版権の売買のほか、児童書に関連する情報交換が行われ、絵本に関する世界最大のイベントの1つになっています。

 原画コンクールには、未発表、または過去2年以内に発表した作品の原画5枚を一組として応募するのですが、既に絵本を出版している作家でも、そうでない人でも参加できます。そのため、出版を目指している人にとっても、世界に認められる絶好の機会になっています。ここで入選すると、世界中から集まる絵本の編集者やエージェントなどが名前を知ることになる、というわけです。実際、日本人を含めこのコンクールで入選して、一躍人気作家の仲間入りを果たした人も少なくありません。

クラウディア・パルマルッチ(イタリア)「家に帰る途中に」 クラウディア・パルマルッチ(イタリア)「家に帰る途中に」

ダビッド・ダニエル・アルバレス・エルナンデス(メキシコ)「太古の夜」 ダビッド・ダニエル・アルバレス・エルナンデス(メキシコ)「太古の夜」

 ボローニャ国際絵本絵画展の魅力は、これからの時代を担う世界各国の作家の作品を見ることができること。2015年の入選者を見ると、日本やヨーロッパの国のほか、アルゼンチンやコロンビア、イラン、イラクなど普段はなかなか目にすることがない地域の作品も観ることができます。

 また、絵本になってしまうとサイズはどうしても小さくなりますが、大きい原画を生で見れるのも魅力の1つです。絵本では見られない鮮やな発色に驚かされることもあります。

 板橋区立美術館のボローニャ絵本原画展では、入選した作品を全てみることができるほか、昨年、ボローニャSM出版賞を受賞したポルトガルの若手作家であるカタリーナ・ソブラルさんの作品が特別展示されます。

 次の時代を担う作家の作品を観ることができる機会ですので、ご興味があれば足を運んでみることをおすすめします。この展示会は板橋区立美術館の後は、西宮市大谷記念美術館、高浜市やきものの里かわら美術館、石川県七尾美術館での展示も予定されています。

 「2015年イタリア・ボローニャ絵本原画展」の招待券を抽選で20名の方にプレゼントします。ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。申し込み期限は7月4日、Webからの応募のみとさせていただきます。当選された方にはメールをお送りします。発送先の住所や氏名などの個人情報につきましては、今回のプレゼントのみに使用します。

プレゼント応募

ken

※招待券のプレゼントにつきまして※
当選され住所を御連絡いただいた方に、招待券を発送いたしました。お手元に届くまでもうしばらくお待ちください。多くの方からご応募をいただき、ありがとうございました(2015年7月6日)。

展示会名 2015 イタリア・ボローニャ絵本原画展
主催 板橋区立美術館、日本国際児童図書評議会
会期 2015年7月4日~2015年8月16日
場所 板橋区立美術館
開館時間 9時30~17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月20日は祝日のため開館、7月21日が休館)
入館料 一般:650円、高校・大学生:450円、小・中学生:200円
※土曜日は小中高校生は無料で観覧できる
問い合わせ TEL:03-3979-3251、FAX: 03-3979-3252
展覧会テレフォンサービス:03-3977-1000
URL http://www.itabashiartmuseum.jp/
所在地 〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27

講演会のイベントはこちらです。

7月4日
14:00~15:30
講演会「初めてのボローニャ・ブックフェア潜入レポート」
講師:岩井俊雄氏(絵本作家・メディアアーティスト)先着100名・申込不要・聴講無料
7月11日
14:00~15:30
講演会「3.11以降の絵本を読む」
講師:広松由希子氏(絵本研究家)
先着100名・申込不要・聴講無料
7月19日
14:00~15:30
対談「ボローニャからはじまった」
講師:渡邊智子(イラストレーター)・渡辺美智雄(イラストレーター)
先着100名・申込不要・聴講無料
7月26日
14:00~15:30
対談「日本とイタリアの少年刑務所の中で」
講師:寮美千子(作家)・駒形克己(デザイナー・造本作家)
先着100名・申込不要・聴講無料
8月2日
14:00~15:30
講演会「ぼくの絵本づくり」
講師:クラース・フェルプランケ(イラストレーター)
先着100名・申込不要・聴講無料
8月15日
14:00~15:30
講演会「わたしとボローニャ」
講師:北見葉胡氏(画家・絵本作家)
先着100名・申込不要・聴講無料

このほか、イラストレーターを対象にした絵本制作の講座や、子供向けのワークショップもあります。詳しくは板橋区立美術館のWebサイトでご確認ください。
[googlemap lat=”35.7844858599407″ lng=”139.64346170425415″ align=”undefined” width=”80%” height=”360px” zoom=”9″ type=”G_NORMAL_MAP”]板橋区立美術館[/googlemap]

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews