0歳

[こころに残る絵本]おふろでちゃぷちゃぷ(文:松谷みよ子,絵:いわさきちひろ,出版社:童心社)

文=Pictio編集部

 今回紹介するのは、1970年の発売以来、長く広く愛読され続けている、「松谷みよ子 あかちゃんの本」シリーズの1冊「おふろでちゃぷちゃぷ」です。判型も小さく、20ページというかわいい絵本ですが、リズムよく無駄のない文章と、やさしくシンプルな絵が楽しさが、ぎゅっと詰まっています。

 「あひるちゃん、どこいくの?」「いいとこ、いいとこ」「あれ、タオルをもって、どこいくの?」「いいとこ、いいとこ」「わかった! おふろだ!」「グワッグワッ そうだよ はやく おいで~」……

 先におふろに入ったあひるちゃんに呼ばれて、男の子は「まって、まって」と、セーターやズボンを脱いでいきます。最後は、あひるちゃんといっしょに楽しくおふろ。「おふろ、ぼくだーいすき」。

 冒頭、説明もなしに、いきなり男の子とあひるちゃんのやりとりが始まりますが、子どもの視点に立った、やさしく温かな言葉使いによって、じつにすんなりと自然に、お話の世界へと入って行けます。小さな子どもにとっては、動物や人形も、みんなが「お友だち」なのでしょう。男の子とあひるちゃんとのせりふのかけあいが、テンポ感よく進んでいきます。

 この本の制作当時、活字の種類もいまほど多くはなかったはずですが、部分的に活字の種類を変えるなど、制作の工夫がなされています。

 絵は、たくさんの子どもたちを描いてファンも多い、いわさきちひろさん。一生懸命に服を一枚ずつ脱いで、最後ははだかん坊になる男の子の姿や動きが、じつにリアルに、そして愛らしく描かれています。

 水彩画の柔らかなタッチが印象的ないわさきさんですが、おふろがテーマのこの作品では、いっそう効果を上げていると思います。また、背景を省略して余白を広く残していますが、構図の取り方が巧みで、見る者の視点を集中して引きつけると同時に、周囲の様子や広がりを想像させるものになっています。

 そして、あひるちゃんが持っているタオルに描かれたカラフルな魚の模様は、いわさきさんの遊び心・おしゃれ心を感じさせるとともに、画面の中のいいアクセントになっています。

 おふろに入ったり髪を洗うのが、苦手だったりきらいなお子さんは結構いると思いますが、この絵本を読めば、きっと「おふろって、もしかして、いいものなのかな」と思ってもらえるかもしれません。その意味では、いわゆる「しつけ絵本」としての効果も期待できるわけですが、楽しく読んでいるのでそれを意識することもなく、いつの間にかおふろが好きになっていたというようなあたりが、この作品が読み継がれている理由ではないかと思います。

 実際、「この絵本によって、おふろが大好きになりました」という読者からの声も、たくさん寄せられているそうです。最後の場面の「あたま あらって きゅーぴーさん」は、実際にやって楽しむお子さんも多いのではないでしょうか。

本のタイトル おふろでちゃぷちゃぷ
作者 文:松谷みよ子,絵:いわさきちひろ
出版社 童心社
出版日 1970年5月
価格 本体700円+税
対象年齢 0歳から
判型/ページ数 21×18.6cm/20ページ
関連サイト 童心社公式サイトちひろ美術館

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

[絵本]こりゃ まて まて(文:中脇初枝,絵:酒井駒子,出版社:福音館書店)

 絵本のパティオ 福音館が出している子ども向けの刊行物「こどものとも 0.1.2」から登場した絵本です。文章と絵がほんとうに素晴らしい。お子さんを持つ人だけでなく、お子さんを持たない人に見せても、あまりのできばえに驚く人が多いですね。初版が2002年なのでまだ10年も経っていませんが、買って手元に置いておく価値がある1冊だと思います。今ならまだ735円だし(2011年6月時点)。

こりゃ まてまて この絵本は1歳くらいから読んであげられるかな。文章は繰り返しが使われていますが、単純ではありません。考え抜かれた文章ですね、これは。また最後のページにある文章が、開放感いっぱいの絵に非常にマッチして、なんとも気持ちの良い読後感に溢れます。是非、ご一読を。

文章を書かれた中脇初枝さんは、昔話の再話などもされていますが、小説家が本業だと思っていました。でも、子ども向けの本もいろいろ書かれているんですね。この「こりゃ まて まて」も文章は短いけれど、子どものこころを本当によく映し出していると思います。いや、文章だけでもすごいな。

絵は酒井駒子さんで、「よるくま」とはまた違った印象の絵です。大人に人気のある画集などは、こちらのテイストが多いですが、子ども向けの本でもこういった仕事をされているんですね。

「こどものとも 0.1.2」にはあまりない、スタンプを使って文字が描かれています。手が込んでるなぁ。編集者の仕事でしょうか。それとも酒井さんの仕事になるのかな。いずれにせよ、本当に細かいところまで考え抜かれ、かつ丁寧に作られた絵本だと思います。

日本語版だけでなく、韓国、ドイツ、フランス、オランダなどでも出版されています。フランスは日本の絵本がよく読まれていますね。はじめてのおつかいのフランス語版見たときには、へーと思いました。いい絵本は、絵も文章もどの国のお子さんにも分かってもらえるということなんでしょう。

タイトル こりゃまてまて
作者 文:中脇初枝,絵:酒井駒子
出版社 福音館書店
価格 735円
対象年齢 0歳~
サイズ 縦19.8x横18.8x厚さ1.2cm

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

親子で楽しむクラシック(第4回)- ラ・フォル・ジュルネを知る

文=飯尾 洋一(音楽評論家)

music4 今年も、ゴールデンウィークに東京で大きな音楽祭が開かれます。音楽祭の名前は、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」。東京国際フォーラムを中心に開かれるこの音楽祭は、通常のクラシックの公演とは一味違うスタイルで知られています。

1つの公演は45分程度という短さ(普通は2時間ほど)で、チケット料金はありえないほど安価です。そして、朝から夜遅くまでいくつもの公演が東京国際フォーラム内の複数会場で同時進行します。日頃クラシックには、普段なじみが薄い方でも気軽に楽しめるということで、のべ50万人弱の来場者が見込まれています。

この「ラ・フォル・ジュルネ」には、もう1つ大きな特徴があります。ゴールデンウィークの開催ということもあって、小さなお子さんを含めたファミリーで楽しめることです。 通常、クラシックのコンサートといえば、普通は未就学児は入場できません。しかし、この「ラ・フォル・ジュルネ」では、日中の演奏会は原則として「3歳以上入場可」となっているのです。

その中でも一段とユニークなのが、恒例となっている「0歳からのコンサート」。5月3日の10:00~10:45および5月5日9:45-10:30という、2公演が予定されています。会場は5000人収容可能な東京国際フォーラムのホールAという巨大ホール。そこでは、通常のコンサートではあり得ない、ベビーカー置き場がびっしりと埋まる壮観を目にすることができます。

2010hall_a_babycar (C)  Yuka Makihira

「0歳からのコンサート」といっても、中身は一流の出演者による本物のクラシック音楽。今回はジャン=ジャック・カントロフ指揮による、ポーランドの名門オーケストラ「シンフォニア・ヴァルソヴィア」が出演して、チャイコフスキー、あるいはショスタコーヴィチのバレエ音楽を演奏してくれます。どちらもとても親しみやすいフレンドリーな作品です。しかも、子供向けに作品を簡略化するといったようなことはありません。演奏されるのはあくまで本物のチャイコフスキー、本物のショスタコーヴィチです。

とはいえ、0歳児も入場できるからといって、本当に足を運んでも大丈夫だろうか、子供が泣いたり騒いだりしないだろうか? そんな風に心配する親御さんも多いでしょう。もちろん、子供は泣きます。演奏中、会場のあちこちで子供たちが泣いたり、奇声をあげたりしています。が、この「0歳からのコンサート」では客席はほとんどが親子連れ。少々のハプニングはしょうがない、みんなお互い様なのだから、寛容な気持ちでコンサートを楽しみましょう、そんな雰囲気が前提になっています。

始まった当初は「そんな企画、うまくいくのかな?」と思ったものですが、今や「0歳からのコンサート」はこの音楽祭の人気企画のひとつとしてすっかり定着しています。久しくコンサートホールから足が遠のいていたという方も、この機にファミリーでのコンサート・デビューを果たしてみてはいかがでしょうか。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭→http://www.lfj.jp/lfj_2012/

「0歳からのコンサート」についての詳しい情報はこちら
・公演番号111 http://www.lfj.jp/lfj_2012/program/detail/111_modal.html
・公演番号311http://www.lfj.jp/lfj_2012/program/detail/311_modal.html

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 親子で楽しむクラシック