映画

[絵本関連のNews]パディントンの映画が2016年1月に公開

文=Pictio編集部

絵本関連のニュース 大人にも人気が高い児童書は数多くありますが、マイケル・ボンドの「くまのパディントン」もその1つ。そのパディントンの映画が、2016年1月15日から公開になります。以前にも映像化されたことはありますが、今回の映画はアニメではなく実写版となります。大人でもファンの多いパディントン。時間を見つけて、癒やされに行かれてはいかがでしょうか。

[絵本のPictio]くまのパディントン

 登場人物はパディントンのほか、ブラウンさんやブラウンさんの奥さん、ジュディやジョナサン、家政婦のバードさんや、骨董品屋を営むグルーバーさん。意地悪な隣人のカリーさんも出てきます。このあたりは原作と同じですね。

 ストーリーは、原作に手が加わったオリジナルになります。本とは違って、暗黒の地ペルーから出発することから始まるので、本を読んでいる人にも新鮮です。パディントン駅に娘のジュディを迎えに来たブラウン夫妻は、「どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。おたのみします。」と書かれた札を下げた一匹の熊を見つけます。放ってはおけないと、そのクマを家に連れて帰り、パディントン駅で見つけたので英語の名前をパディントンと名付けます。

 パディントンは屋根裏部屋に泊めてもらい、ロンドンで都会暮らしを始めます。パディントンが原因でいろいろなハプニングも起こりますが、すぐに街の人気者となります。そこに、なぜかパディントンを付け狙うミリセントという美女が登場し、パディントンを捕まえてしまい・・・さて、どうなるのでしょうか。

 予告動画なども公開されています。出演者は、パディントンの声に「007 スカイフォール」に出演したベン・ウィショー。そして、ブラウンさんには「ダウントン・アビー」で定評のある演技のヒュー・ボネヴィル、ブラウンさんの奥さんには「ブルージャスミン」でのサリー・ホーキンス。

 そしてグルーバーさん役には「アイリス」のジム・ブロードベント、さらに家政婦のバードさん役には「ハリー・ポッター」でウィーズリー夫人を演じたジュリー・ウォルターズと何ともイギリスの雰囲気が漂っています。さらに、謎の美女は、ニコール・キッドマンが演じています。

[絵本のPictio]パディントン

 本の愛読者の方なら、写真を見るだけでも誰がどの役かすぐに分かるでしょう。原作の設定を上手く生かしていますが、本とは違うストーリーですから誰にでも楽しめます。リズムもめまぐるしく変わり、一瞬、ミッション・インポッシブル風だったりとか。

絵本のPictio image
image  image
 image  image

左上写真:ブラウンさん  左上写真:ブラウンさんの奥さん
左中写真:ジュディ  右中写真:ジョナサン
左下写真:謎の美女ミリセント  右下写真:グルーバーさん

 ちょうど、冬休みが終わってからとなりますが、家族で楽しめる映画です。上映時間は95分。原作を読んでいる人も、読んでいない人もそれぞれ楽しめます。吹き替え版もあり、こちらは、松坂桃李、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴などが出演しています。小さいお子さんがいらっしゃる場合は、こちらの吹き替え版をどうぞ。

タイトル パディントン
公開日 2016年1月15日から
原作 マイケル・ボンド
制作年 2014年
上映時間 95分
配給 キノフィルムズ
公式URL http://paddington-movie.jp/

(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews

[絵本のNews]5月18日から、絵本をテーマにした映画「じんじん」が公開

文=Pictio編集部

ehonnews 2013年5月18日から、絵本をテーマに人と人との心のふれあいを描いた映画が公開されます。タイトルは「じんじん」です。5月は北海道のみでの先行公開が予定されているようですが、6月には宮城県で、7月には東京でも上映される予定です。企画と主演は俳優の大地康雄さんが務めています。北海道の川上郡剣淵町を主な舞台とし、人と人とのふれあいを描いた映画です。

  Ⓒ2013「じんじん」製作委員会 Ⓒ2013「じんじん」製作委員会

 さて、あらすじです。主人公は、宮城県の松島に住む大道芸人の立石銀三郎(大地康雄)。銀三郎は、他の芸人仲間から愛されるような人物で、人の集まるところへ行って芸を披露し自由な生活を楽しんでいます。しかし、年に一度は、北海道で知り合いが営む農場手伝いに戻ります。

 ある年、いつものように農場を手伝いに行くと、都会から農業研修に来ている女子高生たちと出会います。気ままな独身の中年男性と、今時の女子高生たちは、最初のうちは、すれ違ったり反発しますが、一緒の時間を過ごしていくうちに、徐々に打ち解けていきます。ただ、ひとりの少女(小松美咲)をのぞいて。。。

 主な出演者は大地康男さんのほか、佐藤B作さんや小松美咲さん、中井貴恵さんなど。

 公式サイトなどに掲載されている大地さんのインタビューを拝見すると、2008年に違う映画のロケで剣淵町を訪れたことが、この映画を撮るきっかけになっているようです。また、2011年の東日本大震災と、その後の読み聞かせのボランティア活動も。そういったことがあり、絵本の読み聞かせを軸に、人の絆や親子の愛情を描いた作品を創ろうと、考えられたようです。

 映画に登場する絵本は、絵本作家のあべ弘士が原画などの制作に加わっているそうです。こちらは市販されるのでしょうか。

  Ⓒ2013「じんじん」製作委員会 Ⓒ2013「じんじん」製作委員会

 さて、公開予定の映画館こそ多くはありませんが、「じんじん」の制作委員会では、県や市、町、村などで実行員会を作り、何年もかけてゆっくりと地域の人達に見てもらう「スローシネマ」という方式での上映会も採用しています。近くで公開している映画館がない場合は、各県にある配給会社に問い合わせてみてはいかがでしょう。すでに活動を始めている人達と一緒に何かできるかもしれません。配給会社は、公式サイトに掲載されています。

 また、応援団員も募集しています。こちらも、ご興味がある方は公式サイトを是非、ご覧ください。

映画『じんじん』公式サイト

 物語の舞台になった、剣淵町は今でこそ絵本の町として有名ですが、自然にそうなったわけではありません。きっかけは、町作りのために開催した講演会でした。その後、町の有志が集まって結成した「けんぶち絵本の里を創ろう会」が母体となって、絵本の原画展や絵本を子供たちに届ける活動などを始めます。そして、1991年に、旧役場を改装し「絵本の館」にオープンに至ります。

 その活動が徐々に認められ、2004年に、新たに親子がふれあえる施設として今の絵本の館がオープンしました。今では、約3万3000冊の絵本を備える図書館であり、また美術館として多くの人に利用されています。実際に行くと、卵形の建物が周りの景色と調和して建てられています。

剣淵町 絵本の館剣淵町 絵本の館

剣淵町 絵本の館剣淵町 絵本の館

剣淵町観光協会のWebサイトより

 中に入ると、絵本の棚がスペースを空けて並んでおり、絵本を手に取ってゆっくりとながめることができます。また、木のおもちゃなども備えてあり、一日中、絵本を読んだり、泳ぐことができるほどの木の玉で埋められた「木の池」で遊んだりすることができます。

美術館名 剣淵町 絵本の館
URL http://ehon-yakata.com/html/ehon01.html
住所 〒098-0332 北海道上川郡剣淵町みどり町15-3
開館時間 10:00~17:00
休館日 毎週水曜日,年末年始
連絡先 TEL:0165-34-2624

 [googlemap lat=”44.0998″ lng=”142.358404″ align=”center” width=”80%” height=”420px” zoom=”8″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道上川郡剣淵町緑町15−3[/googlemap]

関連リンク

・映画「じんじん」公式サイト→http://www.jinjin-movie.com/

・映画「じんじん」facebookサイト→http://www.facebook.com/jinjinmovie

・映画「じんじん」twitter→https://twitter.com/jinjin_movie/

・剣淵町 絵本の館→http://www.ehon-yakata.com/

・剣淵町観光協会→http://www.kembuchi-kankou.com/

 

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews