宮沢賢治

[こころに残る絵本]セロひきのゴーシュ(作:宮沢賢治,絵:茂田井武,出版社:福音館書店)

文=Pictio編集部

 童話作家であり、詩人でもあった宮沢賢治が亡くなったのは、まだ38歳の時。1933年のことでした。それから、すでに80年以上が経過していますが、宮沢賢治の作品は今でもよく読まれています。

 賢治は多くの作品を残していますが、「セロひきのゴーシュ」は、1926年、宮沢賢治が31歳の時に書かれたと言われています。それは、彼が花巻農学校の教師を辞めた頃で、賢治はチェロを持っており、その経験が作品にも生かされているとされています。どうやら、あまりきれいな音が出なかったところも似ているようです。

 さて、宮沢賢治の作品は、なかなか絵本にしにくいと言われています。それは、文章が幻想的で、かちっとしたイメージを作りにくい、あるいはイメージの質が高すぎて作品化しにくいためです。内容的には平易なため、絵本になっているものも多いのですが、成功したと見なされている作品は少ないのです。

 セロひきのゴーシュも、賢治の作品の中では現実的な設定であり、イメージが結実しやすいので、以前から何度も絵本が作られてきました。その中にあって、茂田井武氏が描いたセロひきのゴーシュは、それらの作品と比べて、文章を高いイメージで絵に結実させている傑作だと言われます。

serohiki さて、あらすじです。ゴーシュは町の活動写真館でセロ(チェロ)を弾く係でした。けれどもあんまりじょうずでないという評判でした。それどころか、楽手の中ではいちばん下手だったので、いつでも楽長にいじめらているのでした。

 ある日の練習で、思いきり楽長に酷評されたゴーシュは家でも練習を続けています。すると、夜中に三毛猫が訪ねてきます。怒鳴っているゴーシュに、三毛猫は言うのです。

「先生、そうおおこりになっちゃ、おからだにさわります。それより、シューマンのトロメライをひいてごらんなさい。聞いてあげますから。」

「なまいきをいうな。ねこのくせに」

 こんな調子です。そして、次の日の晩は、鳥が訪ねてきます。鳥は、ゴーシュからドレミファを習おうとしますし、その次の日に来た、たぬきの子はゴーシュとセッションを、そして、また次の日はネズミの親子が病気を治してほしいとやってきます。どんどん続いていく、文章のリズムと、場面転換はほんとうに面白い。そして、コンサートの日を迎えるのですが、ゴーシュは上手に弾けたのでしょうか。

 今の絵本なら、コンサートを首尾よく成功させるという形で終わるのかもしれません。でも、宮沢賢治は少し違います。もっと、違うことを伝えたかったんですね。対象年齢は小学校低学年からとなりますが、より大きいお子さんにも読んでほしい作品です。

 文章も面白いですが、絵も大きな魅力です。ふてぶてしく、とぼけた感じの三毛猫、演奏中に感じるような、ぐるぐるしている感覚、ゴーシュがセロを抱えて帰る夜の田園風景。文章では、ぼんやりと頭に描いているイメージが、絵を見たときに「あぁ、なるほど、これだね」と文章と絵が一体化して、ずれなく心に入り込んできます。
 
 どのシーンも素朴で、そこはかとなく暖かみがあり、でも少しだけ寂しい感じもあります。いろんな感情が詰め込まれた絵を、小さい時に見ることができるお子さんは、とても恵まれていると思います。原画を見る機会は、なかなかないかもしれませんが、本とはまた違った鮮やかな色遣いで息をのみます。

 このセロひきのゴーシュが最初に世に出たのは、福音館書店の「こどものとも」で出されました。この時は、ページ数の関係もありダイジェスト版でした。しかし、単行本として出すにあたり、フルテキストの形として出版されました。編集を担当した松井直氏の著作を読むと、茂田井氏はこの作品で命を縮めることになったとも書かれています。

 何度も何度も読み返していると、どの絵も渾身の力を込めて描かれたことを感じ取ることができます。いい加減に見ることを許さない絵とでも言うのでしょうか。少し長いお話ですが、是非、読んでみてください。

本の題名 セロひきのゴーシュ
作者 作:宮沢賢治,絵:茂田井武
出版社 福音館書店
発売日 1966年4月
価格 1100円+税
関連URL 福音館書店,茂田井武美術館

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

2014年4月19日から、国立科学博物館が「石の世界と宮沢賢治」展を開催

文=Pictio編集部

絵本関連のニュース 東京都にある国立科学博物館は、2014年4月19日~6月15日の期間、企画展「石の世界と宮沢賢治」展を開催します。企画展ではありますが、常設展示の入館料のみで入場できるんですね。

image 文学的な側面が語られることの多い宮沢賢治ですが、盛岡高等農林学校で地質学や鉱物学を学んだことは、よく知られています。

 しかも、その興味は、花城川口尋常高等小学校に在席していた4年生の頃からだと言われています。旧制盛岡中学校に進学すると、鉱物などの採集を行っていました。金属だけに文字通り筋金入りです。

 盛岡高等農林学校(後の岩手大学農学部)に入学すると、東京帝国大学農科大学を出た関豊太郎教授から地質学や鉱物学、土壌学などの指導を受けています。当時としては、最先端の知識を学んでいたのですね。卒業時には、学校で働かないかと誘われるほど優秀でした。

 実際、宮沢賢治の作品には、鉱物や岩石の名称が120以上使われているほか、火山名や地学用語なども多く登場します。従来の宮沢賢治の研究においては、文学的なアプローチがほとんどであったため、こうした地質学や鉱物などの知識がないままに評価が下されていることがほとんどです。そのため、宮沢賢治が文章中であえて専門用語を使った意味や、専門用語をわざと変えて使っている意味などを、深く考察できていないのでは、という指摘があります。

 こうした側面は、加藤碵一氏の書かれた「宮沢賢治の地的世界」という本に書かれています。これを読むと、文学的世界と理科系世界の間を行き来していた宮沢賢治の思考が伺えて面白いです。

 今回の企画展においては、宮沢賢治の生涯をたどりながら、地質学などの知識を知ることができる構成になっていて、文章中に出てくる鉱物や岩石、さらに宮沢賢治が教師時代に手がけた地質図などを見ることができます。

 本を読むのは好きだけど、鉱物などには興味がないなあ、というお子さんでも、こういう文学的なアプローチで知らない理系の世界に親しめるのは面白いですね。まぁ、宮沢賢治の物語は絵本にはしにくいよね、とよく言われているのですが。

 4月27日には加藤碵一氏の講演会が、5月17日には宮沢賢治の孫の宮沢清六氏の講演会が開かれます(両方とも事前申し込みが必要)。連休に行くもよし、連休明けの空いている時にじっくり見るのもよし。宮沢賢治の世界に浸ってみて下さい。

image image

展示会名 石の世界と宮沢賢治
場所 国立科学博物館
開催期間 2014年4月19日-2014年6月15日
入館料 一般・大学生:620円、高校生以下および65歳以上は無料
休館日 毎週月曜日、5月7日
URL https://www.kahaku.go.jp/index.php
問い合わせ先 03-5777-8600

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 絵本関連のNews

[こころに残る絵本]宮沢賢治「生徒諸君に寄せる」

絵本のパティオ 童話作家であり、詩人でもあった宮沢賢治は1933年、37歳の若さでこの世を去りました。彼が残した作品は、童話としては「風の又三郎」、そして詩には「雨ニモマケズ」など有名なものも少なくありません。雰囲気が独特であり、今でも読者が、とても多い作家ですね。

 今日、ご紹介するのは「生徒諸君に寄せる」です。この作品は1927年に「盛岡中学校校友会雑誌」への寄稿を求められた宮沢賢治が書いたものとされています。

 しかし、ついに完成に至らなかったと見られ、その下書きが残っています。これをまとまった形にして世に送り出したのが、朝日新聞の「朝日評論」でした。1946年の4月号において、残されていた下書きを元に、大幅に加筆・修正された形で掲載したのです。

 現在、目にしているものの多くが、この朝日評論版に掲載されたものを元にしています。というのは下書きでは意味が不明な箇所や、まとまっていない箇所などがあったためです。

 もちろん、掲載した時点で宮沢賢治はすでに故人となっています。そのため、編集者が、作者の意図するところを汲み取り、構成して発表したそうです。原本となる下書きは、全集などに収録されています。

 宮沢賢治が、自ら書いた下書きからどのように推敲するつもりだったのかは、本当のところは分かりません。ただ朝日評論の編集者が、下書きをかなり読み込んで、宮沢賢治の想いを一つの詩にまとめあげたことは、高く評価されてよいと思います(ちゃんと原文も見れるし)。

 一説では、当時岩手県に住んでいた詩人の高村光太郎が編集し直したのではないか、とも言われています。確かに、この詩の力強さは高村光太郎の雰囲気に似ているかもしれません。

“生徒諸君に寄せる

中等学校生徒諸君

諸君はこの颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか

それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である

諸君はこの時代に強ひられ率ゐられて
奴隷のやうに忍従することを欲するか

今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば
われらの祖先乃至はわれらに至るまで
すべての信仰や特性は
ただ誤解から生じたとさへ見え
しかも科学はいまだに暗く
われらに自殺と自棄のみをしか保証せぬ

むしろ諸君よ
更にあらたな正しい時代をつくれ

諸君よ
紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
諸君はその中に没することを欲するか

じつに諸君は此の地平線に於ける
あらゆる形の山嶽でなければならぬ
宙宇は絶えずわれらによって変化する
誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるか

新たな詩人よ
雲から光から嵐から透明なエネルギーを得て
人と地球によるべき形を暗示せよ

新しい時代のコペルニクスよ
余りに重苦しい重力の法則から
この銀河系を解き放て

衝動のやうにさへ行はれる
すべての農業労働を
冷く透明な解析によって
その藍いろの影といっしょに
舞踏の範囲にまで高めよ

新たな時代のマルクスよ
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に変へよ

新しい時代のダーヴヰンよ
更に東洋風静観のキャレンヂャーに載って
銀河系空間の外にも至り
透明に深く正しい地史と
増訂された生物学をわれらに示せ

おほよそ統計に従はば
諸君のなかには少くとも千人の天才がなければならぬ
素質ある諸君はただにこれらを刻み出すべきである

潮や風……

あらゆる自然の力を用ひ尽くして
諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ

ああ諸君はいま
この颯爽たる諸君の未来圏から吹いて来る
透明な風を感じないのか”

生徒諸君へのリンク

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本