[こころに残る絵本]じごくのそうべえ(作:田島征彦,出版社:童心社)

文=Pictio編集部

【心に残る絵本】 上方落語に「地獄八景亡者戯(じごくはっけいもうじゃのたわむれ)」という作品があります。食あたりで死んだ男があの世へ行く途中、連れができて仲良く三途の川を下ります。賽の河原を通って、閻魔大王に地獄行きの判決を出されるのですが、熱湯の釜に放り込まれたら山伏が呪文を唱えてぬるま湯に、針の山に登らされたら軽技師がみなを担いでひょいひょいと、とあの手この手で罰をのらりくらりと切り抜けます・・・まぁ、落語なのでオチまではやめておきますが。

じごくのそうべえ この演目、落語としてはスケールが大きいもので、長いものだと1時間ほどになります。これを作家の田島征彦さんが絵本として、子どもにも分かるように仕立てたのが、今回紹介する「じごくのそうべえ」です。2015年3月に鬼籍に入られた桂米朝さんが演じていた地獄八景亡者戯をもとにしています。もちろん、そのままではなく、お子さんにも分かりやすいように変わっています。

 まず、出てくるのは軽業師のそうべえ。「とざい、とうざい。かるわざしのそうべえ、一世一代のかるわざでござあい」と口上を述べて綱をわたる最中に落ちて死んでしまいます。気がつくと、そこはえんえんと続く暗い道。火の車にのせられると、山伏のふっかい、歯医者のしかい、医者のちくあんの3人と知り合います。4人で三途の川をわたって閻魔大王の元へ。全員とも生前にろくなことをしていないと、地獄行きを命ぜられます。

 4人は糞尿地獄や針の山になげこまれたり、人を食べる人呑鬼にも飲み込まれます。さて、そうべえたちはどうなるのでしょうか。あとは読んでのお楽しみ、ということで。

 文章は落語調で、テンポ良く進んでいきます。文章は関西弁ですね。そして絵は、太い輪郭で迫力があり、最初のうちは地獄の怖さを感じることができます。特に見開きで描かれている、火の車と人呑鬼の絵は圧巻です。怖いといえば怖い。しかし、読み進むうち文章の軽妙さと合わさって、だんだん怖さが薄れてきます。怖さや人間の小ささなどを上手く表現していますね。そうそう、話はオチつきです。でも、お子さんが読んでも最初は分からないかも。

 単に子どもを怖がらせるだけ、あるいは不安がらせる地獄の絵本もありますが、恐怖心で子どもをコントロールするよりも、「地獄だってどこだって、怖くなんかないじゃん」と自分で考えることができる子どもに育つほうが、いいかなと思います。そんなわけで地獄を描いている絵本なら、この「じごくのそうべえ」をおすすめします。

 元は落語とあって、読み聞かせに本当に向いています。読み聞かせに必要な時間は12分ほど。地獄が出てくるので、小さいお子さんには怖いはずなのですが、男女を問わず誰にでも楽しめます。対象年齢は、4,5歳からとなっていますが、オチも含めて考えると小学校低学年からになると思います。

 第一回絵本にっぽん賞を受賞しています。

本の題名 じごくのそうべえ
作者 作:田島征彦
出版社 童心社
発行日 1978年5月
価格 1400円+税
ページ数/判型 25×25cm/40ページ
対象年齢 4,5歳から
関連URL 童心社

カテゴリー: こころに残る絵本 タグ: , , , , , パーマリンク