[こころに残る絵本]ぶたぶたくんのおかいもの(作・絵:土方久功,出版社:福音館書店)

文=Pictio編集部

心に残る絵本「ぶたぶたくんのおかいもの」-  今回は、なんともほのぼのとした絵本「ぶたぶたくんのおかいもの」を紹介しましょう。

 まずお話の冒頭で、主人公であるこぶたのぶたぶたくんが紹介されます。なんと、ぶたぶたくんというのは本当の名前ではなく、彼がいつも「ぶたぶた ぶたぶた」と言っているので、いつの間にかみんなが「ぶたぶたくん」と呼ぶようになったんです。

 しかも、お母さんまで自分がつけた名前を忘れてしまったというのですから、じつにとぼけた話です。絵本の題名にもなっている主人公の名前が、じつは本当の名前ではないという、出だしからいきなりおかしな展開ですね。

ぶたぶたくんのおかいもの さてある日のこと、お母さんが「きょうはご用がたくさんあって、忙しいから」と、ぶたぶたくんに、初めて一人でのお買い物を頼みました。

 ぶたぶたくんは、何度もお母さんとお買い物に行っているので、一人でもしっかり買い物に行ってこられそうです。お母さんに黄色いリボンを首に結んでもらい、買い物かごを持って、きちんと「行ってまいります」とごあいさつをしてから出かけました。

 こうしたお買い物の絵本の場合、よくある展開としては「途中で何かちょっとしたトラブルに出会って、お金をなくしてしまったり、買うはずの物を忘れてしまうのかな」と、大人なら思います。そして「最後はハッピーエンドで終わるんだろうな」とも。

 けれど、このお話しでは、そういった事件やハプニングは起きないのです。ぶたぶたくんはパン屋さんと八百屋さんを回って、からすのかあこちゃんやこぐまくんに出会いますが、みんなで仲良く買い物を続けます。

 初めに起承転結のはっきりした全体の構成が決まっていて、登場人物やその会話や行動が、それを組み立てるために機能しているのではなく、ストーリーはあくまでゆるやかで、いわゆる伏線が張られているようなこともありません。

 そういった意味では、絵本をよく読む大人ほどちょっと変わった作風だな。という読後感を持ちますが、でもそれは「大人の目」で見たときの話です。読者である子どもたちには、そんなものは関係ないわけです。個々のエピソードや会話は、ていねいに描かれていて十分に魅力的な作品だと思いました。何よりも、読んであげると子ども達はとても面白がります。

 作者の土方久功さんは、1900年、東京生まれ。東京美術学校彫刻科を卒業後、1929年に南洋のパラオ島、1931年にはヤップ離島のサトワヌ島へ渡って、原住民と生活を共にしながら、彫刻の制作と島の民俗学的な研究を行い、民俗学の研究家としても知られるという特異な経歴の持ち主で、そんなことも独特の作風に影響を与えているのかもしれません。

 言われてみれば、なるほど画風もユニークで、時代的な背景もあり、現代的な可愛らしくアレンジされたタッチではなくて、ぶたぶたくんの顔などは本当にぶた!という感じですが、何とも味わい深い表情をしています。

 パン屋のおじさんの風貌や、そこで売られている「顔つきパン」も、じつに個性的。ストーリーとはたぶん関係なく、背景に富士山や飛行機が描かれているのも、どことなくおかしさを誘います。ぶたぶたくんたち3匹が、色違いのリボンを結んでいるのも、さり気なく可愛い演出だと思いました。

 これから初めて一人でお使いに出かけることになった、あるいはそれを体験したばかりの子どもたちには、より共感を持てる本だと思います。表紙の絵だけでは、少し古い感じも受けるのですが、本を読むとまったくそんなことは思わなくなります。最後のページに描かれた地図は、眺めていると本当に面白いです。

 こどものとも傑作集としては1985年ですが、最初に「こどものとも」に掲載されたのは1970年です。もう40年以上、経っている絵本なんですね。

本のタイトル ぶたぶたくんのおかいもの
作者 作・絵:土方久功
出版社 福音館書店
出版日 1985年2月
価格 800円+税
判型/ページ数 27×20cm/28ページ
対象年齢 読んであげるなら:3歳から
自分で読むなら:小学校低学年から
関連URL 福音館書店公式サイト

カテゴリー: こころに残る絵本 タグ: , , パーマリンク