[こころに残る絵本]100万回生きたねこ(作・絵:佐野洋子,出版社:講談社)

文=Pictio編集部

心に残る絵本 表紙からして、とても挑戦的な絵本です。表紙に書かれた猫の圧倒的な存在感は、文章を読みすすむにつれて増していくほどです。今回は、作者の個性が溢れだしているような絵本「100万回生きたねこ」をご紹介します。

100万回生きたねこ   あるところに、100万年も死なない猫がいました。死んでは生き返り、生きてはまた死にと、100万回も輪廻転生をくり返してきたのです。

 あるときには、猫は一国の王様に飼われました。またあるときには、船乗りに飼われました。サーカスの手品使い、どろぼう、一人ぼっちのおばあさん、小さな女の子……と、100万人の人がその猫をかわいがり、猫が死んだときには泣きました。

 しかし猫は、飼い主たちのことが嫌いでしたし、死ぬのもこわくありませんでしたし、そして一回も泣きませんでした。

 あるとき、猫はだれにも飼われない、野良猫になっていました。りっぱな野良猫でしたので、メス猫たちはみんな、猫のお嫁さんになりたがりましたが、自分のことが大好きな猫は、メス猫たちの相手をしませんでした。しかし、一匹だけ、猫に見向きもしない、白く美しいメス猫がいました。そして・・・・・・。

 「名作」と謳われたり、「大人にも支持されている」と評価されることの多い作品だと思います。ストーリー自体はシンプルですが、「生」と「死」、そして「愛」をテーマにしていると言ってよいでしょう。そんなことから、読む人によってさまざまな解釈が可能ですし、作者の意図やメッセージなどを、いわゆる「深読み」することもできます。

 実際に、多くの人がそういった論評を試みているようですし、ここでも「これはこういう作品で、だから名作なのだ」と述べることもできますが、それは他の方々、あるいはこれからこの作品を読む人たちに譲るとして、以下の一点だけを述べておきたいと思います。

 それは、「この作品が名作だとすれば、その理由は、読む人によってさまざまな解釈が可能だという、そのこと自体にもある」ということです。これは、テーマが曖昧でぼやけているということではありません。

 文章は易しいので、小さい子どもは子どもなりに読んで、感じるところがあるでしょうし、大人には大人なりの読み方、受け取り方ができます。「正しい」読み方などないと思いますし、逆にどれもが「正しい」読み方だと言えるのではないかと思います。作者の意図は当然あるでしょうが、その通りに読む必要はまったくないということです。

 絵本には、定まった評価を持つ「名作」もありますが、この作品は、普遍的でありながら、読む人によってそれぞれ違った訴えかけるものがある、そんな「名作」なのではないかと思います。

 そして、悲しい結末であるにもかかわらず、同時に、読んだ人が前向きな意味で「よかった」と思える作品なのではないでしょうか。

絵は、水彩の筆使いを生かした猫の毛並みの表現と、場面によって余白を広く取った画面構成が印象的です。

タイトル 100万回生きたねこ
作・絵:佐野洋子
出版社 講談社
出版日 1977年10月
価格 1400円+税
対象 特に記載はなく、漢字、ルビの使い方から、小学校低学年から
URL http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1272748

カテゴリー: こころに残る絵本 タグ: , , , , , パーマリンク