12月11日、ニンテンンドー3DSで、児童書や絵本など子ども向けの電子書籍サービスを開始

文=Pictio編集部

絵本関連のニュース 2013年12月11日、大日本印刷は任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を端末として使う、子ども向け電子書籍サービス「honto for ニンテンドー3DS」を開始したと発表しました。児童書や絵本などを端末で読むことができます。

 他の電子書籍サービスと違うのは、子ども向けに特化している点ですね。サービス開始時には、世界や日本の名作など約200冊がラインアップしており、価格は100~1000円程度に設定されています。

 利用するには、インターネットに接続できる環境が必要です。ニンテンドー3DSのHOMEメニューから「ニンテンドーeショップ」を起動し、電子書籍用ソフト「honto for ニンテンドー3DS」をダウンロードする必要があります。ソフトの価格は無料となっています。

 フォーマットは、EPUBになっています。文字だけでなく、動画や音声などの入った本なども可能性としてあるということですね。元がゲーム機なので、そういった可能性は高そうです。

 漫画などは、すでに3DSで提供されており、ユーザーは増えているといいます。文字ベースの児童書が、どれくらい利用されるのか未知数なところはあります。しかし、他の電子書店で児童書や絵本を検索すると、子ども向けとは思えない不適切なタイトルが出てしまうことも多いだけに、保護者としては安心して使わせることができるサービスになりそうです。

カテゴリー: 絵本関連のNews タグ: , , , , , パーマリンク