[見つけた新刊絵本]プリンセスものがたり(再話:マーリー・マッキノン,絵:ロレーナ・アルヴァレス,訳:西本かおる,出版社:小学館)

文=Pictio編集部

見つけた新刊絵本-- 小学校に入学すると、読んでいる本がどこかのタイミングで絵本から児童書へ切り替わっていきます。いろいろ話を聞いていると、絵本は保護者の方が選ぶことが多いのですが、みなさん口を揃えられるのが、最初に読む児童書がなかなか難しいということでした。

 確かに児童書になると、お子さんも、まずはどんな本でも読むというタイプや、興味があるジャンルの本は読む、短い本は読むけど長い本は読まない、というようにタイプが分かれてきます。特に女の子はなかなか難しいようですね。

image ということで、今回は初めて自分で読む児童書を紹介します。タイトルは「プリンセスものがたり」。ページ数は95ページあります。1ページの文字数は、450文字程度。原稿用紙のだいたい半分です。すべての漢字にフリカナが振ってあります。文字は横書きになります。

 サンプルとして、挿絵が大きいページと、小さいページを掲載しています。絵本とは違うので参考にしてください。

 対象は女の子になります。実際に、何人かのお子さんに渡して読んでもらったところ、年長さんのお子さんでも読むお子さんがいらっしゃいました。本が好きなお子さんなら小学校1年生から、普通に好きなお子さんなら2年生であれば十分読み切れると思います。

[絵本のピクティオ]プリンセスものがたり

[絵本のピクティオ]プリンセスものがたり

 収録されているお話しは「カエルの王子」や「はだかの王様」「雪の女王」など9つ。有名なものが多く、児童書を初めて手にとるお子さんにも親しみやすいです。

収録されているお話し
まめの上にねたおひめさま
カエルの王子
はだかの王さま
12人のおどるおひめさま
ねむりひめ
王さまとナイチンゲール
火の鳥
雪の女王
空飛ぶ馬

 一つ一つのストーリーは、不要に省略されることなく、しっかりと書かれています。文章だけだと、読むのに疲れてしまうので、大きな挿絵のほか、小さい挿絵が何点か入っているページなど、飽きさせないよう丁寧に編集されています。また、長いお話しである「雪の女王」は2つに分けるなど、あくまでも一人で読むという点を念頭に構成されています。

 文章も難しい言い回しなどは、避けていて、すべての漢字にはフリガナが振ってあり、そもそも難しい漢字は平仮名で書かれています。

 タイトルからして女の子向けとなりますが、おすすめの本です。実は、同時にもう一冊刊行されています。こちらのタイトルは「バレエものがたり」。こちらも女の子向けの本となります。

タイトル ひとりよみ名作 プリンセスものがたり
再話:マーリー・マッキノン、絵:ロレーナ・アルヴァレス、
訳:西本かおる
出版社 小学館
発売日 2015年11月
価格 1500円+税
判型/ページ数 A5変型判/95ページ
参考URL 小学館

カテゴリー: 見つけた新刊絵本 タグ: , , , , , パーマリンク