[見つけた新刊絵本]はな(作:下館 みゑ子,絵:谷田 梨奈,出版社:明治書院)

newbook 書店に置いてあった本を手に取って読み始めると、おもわずホロリとくる絵本でした。いや、絵本ではなくて詩集ですね、これは。いや、歌集か。題名になっている「はな」ちゃんは、生まれてから1年3カ月でお母さんを亡くされたそうです。その後は、おばあさんが育てていらっしゃるんですね。あと、周りにいる親戚の方なども。文章、というか歌は、おばあさんが、孫娘のはなさんのことを、歌ったものです。

はな少し、抜粋します。あるページでは、

“遇いたいよ ママに会いたい 幼子が
この世にいない 母恋いて泣く”

 はなちゃんが、何歳の時の歌なのかは、わかりません。でも、母を想う子の気持ちが、痛いほど伝わってきます。はなちゃんの心を思いやる、おばあさんの気持ちも。

 でも、悲しい歌ばかりではありません。

“唐突に 幼は聞きたり
涙のいろは 何いろですか
答うることに 我はとまどう”

 ほんと、涙の色は何色なんでしょう。おばあさんに尋ねる、はなちゃんの不思議そうな顔が思い浮かびます。

 絵を描いた谷田梨奈さんは、はなちゃんの従姉妹になるそうです。後書きには、妹や娘のようにかわいがっていると、書かれていました。悲しい歌を読むと胸が締め付けられるけれど、その隣には、暖かい絵が描かれています。

 おばあさんのつぶやきも、描かれている絵も、はなちゃんをひたすら見ているところから生まれてきたもの、ということがよく分かります。48ページもありますが、基本的に見開きに1つのつぶやきなので、読む時間は短いです。

 小さいお子さんには、ちょっと伝わりにくいかもしれません。もうお孫さんがいらっしゃる年代の方、そして何よりお子さんを持つ方に、是非、読んでいただきたい絵本です。書店にありましたら、一度、手に取ってみてください。

タイトル はな
作:下館 みゑ子,絵:谷田 梨奈
出版社 明治書院
出版日 2012年12月
価格 1575円
ページ数 48ページ
対象年齢 特になし

カテゴリー: 見つけた新刊絵本 タグ: , , , , , , , パーマリンク