こころに残る絵本

[こころに残る絵本]ぶたぶたくんのおかいもの(作・絵:土方久功,出版社:福音館書店)

文=Pictio編集部

心に残る絵本「ぶたぶたくんのおかいもの」-  今回は、なんともほのぼのとした絵本「ぶたぶたくんのおかいもの」を紹介しましょう。

 まずお話の冒頭で、主人公であるこぶたのぶたぶたくんが紹介されます。なんと、ぶたぶたくんというのは本当の名前ではなく、彼がいつも「ぶたぶた ぶたぶた」と言っているので、いつの間にかみんなが「ぶたぶたくん」と呼ぶようになったんです。

 しかも、お母さんまで自分がつけた名前を忘れてしまったというのですから、じつにとぼけた話です。絵本の題名にもなっている主人公の名前が、じつは本当の名前ではないという、出だしからいきなりおかしな展開ですね。

ぶたぶたくんのおかいもの さてある日のこと、お母さんが「きょうはご用がたくさんあって、忙しいから」と、ぶたぶたくんに、初めて一人でのお買い物を頼みました。

 ぶたぶたくんは、何度もお母さんとお買い物に行っているので、一人でもしっかり買い物に行ってこられそうです。お母さんに黄色いリボンを首に結んでもらい、買い物かごを持って、きちんと「行ってまいります」とごあいさつをしてから出かけました。

 こうしたお買い物の絵本の場合、よくある展開としては「途中で何かちょっとしたトラブルに出会って、お金をなくしてしまったり、買うはずの物を忘れてしまうのかな」と、大人なら思います。そして「最後はハッピーエンドで終わるんだろうな」とも。

 けれど、このお話しでは、そういった事件やハプニングは起きないのです。ぶたぶたくんはパン屋さんと八百屋さんを回って、からすのかあこちゃんやこぐまくんに出会いますが、みんなで仲良く買い物を続けます。

 初めに起承転結のはっきりした全体の構成が決まっていて、登場人物やその会話や行動が、それを組み立てるために機能しているのではなく、ストーリーはあくまでゆるやかで、いわゆる伏線が張られているようなこともありません。

 そういった意味では、絵本をよく読む大人ほどちょっと変わった作風だな。という読後感を持ちますが、でもそれは「大人の目」で見たときの話です。読者である子どもたちには、そんなものは関係ないわけです。個々のエピソードや会話は、ていねいに描かれていて十分に魅力的な作品だと思いました。何よりも、読んであげると子ども達はとても面白がります。

 作者の土方久功さんは、1900年、東京生まれ。東京美術学校彫刻科を卒業後、1929年に南洋のパラオ島、1931年にはヤップ離島のサトワヌ島へ渡って、原住民と生活を共にしながら、彫刻の制作と島の民俗学的な研究を行い、民俗学の研究家としても知られるという特異な経歴の持ち主で、そんなことも独特の作風に影響を与えているのかもしれません。

 言われてみれば、なるほど画風もユニークで、時代的な背景もあり、現代的な可愛らしくアレンジされたタッチではなくて、ぶたぶたくんの顔などは本当にぶた!という感じですが、何とも味わい深い表情をしています。

 パン屋のおじさんの風貌や、そこで売られている「顔つきパン」も、じつに個性的。ストーリーとはたぶん関係なく、背景に富士山や飛行機が描かれているのも、どことなくおかしさを誘います。ぶたぶたくんたち3匹が、色違いのリボンを結んでいるのも、さり気なく可愛い演出だと思いました。

 これから初めて一人でお使いに出かけることになった、あるいはそれを体験したばかりの子どもたちには、より共感を持てる本だと思います。表紙の絵だけでは、少し古い感じも受けるのですが、本を読むとまったくそんなことは思わなくなります。最後のページに描かれた地図は、眺めていると本当に面白いです。

 こどものとも傑作集としては1985年ですが、最初に「こどものとも」に掲載されたのは1970年です。もう40年以上、経っている絵本なんですね。

本のタイトル ぶたぶたくんのおかいもの
作者 作・絵:土方久功
出版社 福音館書店
出版日 1985年2月
価格 800円+税
判型/ページ数 27×20cm/28ページ
対象年齢 読んであげるなら:3歳から
自分で読むなら:小学校低学年から
関連URL 福音館書店公式サイト

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

[こころに残る絵本]おふろでちゃぷちゃぷ(文:松谷みよ子,絵:いわさきちひろ,出版社:童心社)

文=Pictio編集部

 今回紹介するのは、1970年の発売以来、長く広く愛読され続けている、「松谷みよ子 あかちゃんの本」シリーズの1冊「おふろでちゃぷちゃぷ」です。判型も小さく、20ページというかわいい絵本ですが、リズムよく無駄のない文章と、やさしくシンプルな絵が楽しさが、ぎゅっと詰まっています。

 「あひるちゃん、どこいくの?」「いいとこ、いいとこ」「あれ、タオルをもって、どこいくの?」「いいとこ、いいとこ」「わかった! おふろだ!」「グワッグワッ そうだよ はやく おいで~」……

 先におふろに入ったあひるちゃんに呼ばれて、男の子は「まって、まって」と、セーターやズボンを脱いでいきます。最後は、あひるちゃんといっしょに楽しくおふろ。「おふろ、ぼくだーいすき」。

 冒頭、説明もなしに、いきなり男の子とあひるちゃんのやりとりが始まりますが、子どもの視点に立った、やさしく温かな言葉使いによって、じつにすんなりと自然に、お話の世界へと入って行けます。小さな子どもにとっては、動物や人形も、みんなが「お友だち」なのでしょう。男の子とあひるちゃんとのせりふのかけあいが、テンポ感よく進んでいきます。

 この本の制作当時、活字の種類もいまほど多くはなかったはずですが、部分的に活字の種類を変えるなど、制作の工夫がなされています。

 絵は、たくさんの子どもたちを描いてファンも多い、いわさきちひろさん。一生懸命に服を一枚ずつ脱いで、最後ははだかん坊になる男の子の姿や動きが、じつにリアルに、そして愛らしく描かれています。

 水彩画の柔らかなタッチが印象的ないわさきさんですが、おふろがテーマのこの作品では、いっそう効果を上げていると思います。また、背景を省略して余白を広く残していますが、構図の取り方が巧みで、見る者の視点を集中して引きつけると同時に、周囲の様子や広がりを想像させるものになっています。

 そして、あひるちゃんが持っているタオルに描かれたカラフルな魚の模様は、いわさきさんの遊び心・おしゃれ心を感じさせるとともに、画面の中のいいアクセントになっています。

 おふろに入ったり髪を洗うのが、苦手だったりきらいなお子さんは結構いると思いますが、この絵本を読めば、きっと「おふろって、もしかして、いいものなのかな」と思ってもらえるかもしれません。その意味では、いわゆる「しつけ絵本」としての効果も期待できるわけですが、楽しく読んでいるのでそれを意識することもなく、いつの間にかおふろが好きになっていたというようなあたりが、この作品が読み継がれている理由ではないかと思います。

 実際、「この絵本によって、おふろが大好きになりました」という読者からの声も、たくさん寄せられているそうです。最後の場面の「あたま あらって きゅーぴーさん」は、実際にやって楽しむお子さんも多いのではないでしょうか。

本のタイトル おふろでちゃぷちゃぷ
作者 文:松谷みよ子,絵:いわさきちひろ
出版社 童心社
出版日 1970年5月
価格 本体700円+税
対象年齢 0歳から
判型/ページ数 21×18.6cm/20ページ
関連サイト 童心社公式サイトちひろ美術館

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本

[こころに残る絵本]ぼくはおこった(作:ハーウィン・オラム,絵・訳:きたむらさとし,出版社:評論社)

文=Pictio編集部

心に残る絵本 ある晩のことです。アーサーという男の子が、テレビの西部劇を夢中で観ていました。最後まで観たかったのですが、途中なのに、お母さんが「もう遅いから寝なさい」と言います。アーサーは「いやだ」と怒りました。

 お子さんがいらっしゃるお父さんやお母さんは、そんな時はどうされますか? アーサーのお母さんは「怒りたければ怒りなさい」と言いました。

image それならと、アーサーは怒りを爆発させます。アーサーの怒りは、尋常ではありませんでした。家の中に雷雲が湧いて稲妻が走り、ヒョウが降りました。お母さんは「もう、じゅうぶん」と言いましたが、アーサーの怒りは収まりません。嵐が吹き荒れ、屋根と煙突と教会を吹き飛ばしてしまいました。

 今度はお父さんが、「もう、じゅうぶん」と言いますが、怒りはますます激しくなっていきます。アーサーが住む町も、国も、そしてついに地球までもが……!?

 言葉で簡単に説明すると、子どもの心象風景を思いきり誇張して表現したストーリー、といえばそうなのですが、それにしてはあまりにすさまじいアーサーの怒りです。「あり得ない!」というほど、何もかもを徹底的に、ダイナミックに破壊しつくします。

 子どもというのは、ときに理不尽なふるまいをするものですが、それは私たち大人から見たときの話であって、当の子どもから見れば、大人たちの言うことの方が、まったく理不尽なのでしょうね。

 大人は自分の言うことを聞いてくれないし、理屈では勝てないし、そもそも自分が思っていることをうまく説明できない…そんなもどかしさを、怒りという形で表すしかない子どもたちの気持ちを、この作品はうまく代弁しているのではないでしょうか。

 怒っているうちに、そもそもどうしてそんなに腹を立てたのかを忘れてしまうというのも、理屈ではなく直感を行動原理として生きている子どもたちには、ありがちなこと。そして大人のみなさんも、子ども時代には多かれ少なかれそんな経験をしたのではないかと思います。

 まぁ、この絵本を読み自分のお子さんを見ると「あぁ、そうそう、あるある」と思う方がいるかもしれませんし、自分の子ども時代を振り返って「あぁ、そうそう、あったあった」と思う方がいる本かもしれません。

 原作は南アフリカ出身でロンドンに在住のハーウィン・オラムさんが書きました。そして翻訳と絵を、同じくロンドンに住むきたむらさとしさんが担当したという、ちょっと珍しいスタイルで制作されています(同じコンビによる『やねうら』という作品もあります)。きたむらさんにとっては、これがデビュー作となりました。

 絵は、緻密ではありますが、輪郭線を明瞭に描くスタイルです。ポップで洗練されたタッチによって、とにかく物や町が破壊されるというこの作品を、重く暗くなりすぎないよう、うまく避けていると思いました。

 本作は、初め1988年に佑学社から発行され、その後1996年に評論社から再刊されました。絵本にっぽん賞特別賞、マザーグース賞を受賞しています。

本のタイトル ぼくはおこった
作者 作:ハーウィン・オラム,絵・訳:きたむら さとし
出版社 評論社
出版日 1996年1月
価格 本体1300円+税
判型/ページ数 23.6×20.6cm/32ページ
URL  http://www.hyoronsha.co.jp/
対象年齢 出版社のWebサイトには特に記載無し、おそらく小学校低学年から

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: こころに残る絵本