ただいま制作中なれども、波高し。

editor 何事にもいえますが、やってみてはじめて問題点が明らかになることって、結構ありますね。まさしく、今、作っている絵本でそんなことがありました。昨年のことですが、やっとさ原作ができて、絵を作家の方に書いていただいて、年末に納品していただきました。

 それまでに、打ち合わせを何度も重ねていて、絵もラフを出してもらって、それから制作にかかっていただいていたので、それが仕上がった時は、おー、もうここからは楽だな、と思い込んでいました。実際、絵もとてもきれいな仕上がりで、あーお願いしてよかったなーとほっとしてました。

 が、その原画を本の制作デザイナーに持って行くと、しばらく経ってから、ちょっと待った!という声がかかりました。この絵だけでは、子どもにうまく伝わらないのではないかと。

 え~、そんなことないよ、と思ったものの、改めて読み直して見ると、確かにその通りでした。自分では、もう原作を暗記するほと読み込んでいたので、いつの間にか、絵を見ているうちに脳内補完していて、初めて読むお子さんのレベルにまで視線を落とせなかったんですね。昔から、原稿を書いている時に気をつけていたつもりでしたが、今回は、ほんと抜けてました。

 それから1週間ほど、もう一度、何度も何度も読み返しました。幸いに、作家さんの方も、納得していただいたので、少し絵を追加していただくことができましたが、さすがにお願いする時は、かなり冷や汗が出ていたと思います。編集者としては、かなり恥ずかしい。。。いや、ほんと勉強になりました。

 でも、それだけいいものに仕上がる気がします。できあがったら、こちらで公開しますので是非、読んでいただきたいと思います。ちなみに、タイトルは「プウカニというにんぎょ」です。下の図は原画をスキャンしたもので、その中の1ページです。もっといい絵もあるのですが、それは、見てのお楽しみです。

img025

カテゴリー: Today's Work パーマリンク