絵本

2013年9月30日 新作絵本「くる くる くる」発売の御案内

文=Pictio編集部

Pictioの新刊「くるくるくる」の御案内- Pictioは、2013年9月、オリジナル絵本「くる くる くる」を発売しました。既に、Googleブックスで発売を開始したほか、海外に在住している方に提供している、何冊読んでも・印刷しても定額の「Pictio Premium」で提供します。

「くる くる くる」は、1年の移り変わりを、リンゴの木を通じて描いた作品です。小さいお子さんにも、分かりやすい絵とリズム感のある文章を、お子さんと一緒にお楽しみいただけます。

0001001_thumb 0001002_thumb 0001003_thumb

0001012_thumb 0001013_thumb 0001014_thumb

タイトル くる くる くる
作者 作:増田 純子
出版社 Pictio
URL http://www.pictio.co.jp/original/4356
対象年齢 読んであげる:3歳から
ページ数 16ページ
価格 750円+税

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 新作絵本のご案内

2013年9月26日 日本の昔話「したきりすずめ」発売のお知らせ

文=Pictio編集部

Pictioの新刊絵本「したきりすずめ」 Pictioは、2013年9月、日本の昔話「したきりすずめ」を発売しました。海外に在住している方に提供している、何冊読んでも・印刷しても定額の「Pictio Premium」で提供するほか、Googleブックスなどでも順次発売します。

「したきりすずめ」は、古くから伝わっているお話しですが、13世紀に成立した「宇治拾遺物語」に原作を見ることができます。しかし、現在、広く知られている物語とは、大きく異なっています。

多くの地方で読まれて伝わってきた結果、おばあさんが雀を殺してしまい、おじいさんが黄泉の国に探しに行くという話しや、逃げていった雀を探すお爺さんに馬や牛の小便などを飲ませて、試練を与える話、また最後におばあさんが食べられてしまう話など、いろいろなストーリーが今に残っています。

今回は、 江戸時代の赤本を底本とし、広く伝わっているストーリーを参考に再構成しました。熱田ゆうこさんの緻密に描かれた絵を見つつ、リズミカルな文章をお楽しみいただけます。

 

20130924001 20130924002 20130924003 20130924004 20130924005 20130924006

タイトル したきりすずめ
作者 再話:斉藤 浩太郎,Pictio編集部
出版社 Pictio
URL http://www.pictio.co.jp/old/4303
対象年齢 読んであげる:4歳から
ページ数 14ページ
価格 750円+税

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: 新作絵本のご案内

Google Playブックスで買えるPictioの絵本-台風一家

 現在、Pictioの絵本はGoogle Playブックスでも、お買い求めいただけます。Pictioのサイトで購入する絵本と内容に違いはありませんが、絵本を読むのにGoogle Playのアプリが必要となります。

台風一家 (作:たや うちこ)

台風一家

今日は台風が近づいています。ゆうくんは、お母さんから家の中にいるようにいわれましたが、台風がどんなものなのかを確かめたくて、外に出てしまいます。すると、強い風にあおられて、傘をもったままふんわりと浮き上がって、どんどんどん飛ばされて、ついに雲の上にきてしまいます。そこでゆうくんが見たものは・・・。

ご購入はこちらから

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: Pictio編集部からのお知らせ

Google Playブックスで買えるPictioの絵本-いっすんぼうし

 現在、Pictioの絵本はGoogle Playブックスでも、お買い求めいただけます。Pictioのサイトで購入する絵本と内容に違いはありませんが、絵本を読むのにGoogle Playのアプリが必要となります。

【日本の昔ばなし】一寸法師(再話:斉藤 浩太郎、Pictio亜編集部、絵:まきせ ひろし)

いっすんぼうし

  一寸法師は、舞台は難波(今の大阪)だったと言われています。当時の都は京都でしたから、一寸法師は淀川をさかのぼっていったんですね。あの距離をお椀で漕いでいくとは、すごい力です。また、鬼が登場するのは清水寺と言われています。「昔々、あるところに」、という文章も味わい深いものがありますが、地名がしっかりある昔話も面白いですね。

ご購入はこちらから

投稿日: 作成者: Pictio Editor カテゴリー: Pictio編集部からのお知らせ